岡本(現巨人)や田嶋(現オリックス)たち 2014年選抜の2回戦を戦った佐野日大と智辯学園戦士のその後

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.13

高校時代の岡本和真(智辯学園)、田嶋大樹(佐野日大)

 2014年春、大会屈指の左腕として注目されていたエース・田嶋 大樹擁する佐野日大は初のベスト4進出を果たした。

 田嶋は2回戦・智弁学園戦が延長10回、続く準々決勝の明徳義塾戦は延長11回を一人で投げ抜き、エースとしての仕事を大いに成し遂げた。その後、社会人JR東日本を経て、オリックスに入団。左のエース候補として奮闘中だ。そして、2回戦で戦った智辯学園のメンバーからも、現巨人の4番・岡本 和真、東京ヤクルトの廣岡 大志らを輩出。彼ら以外にも大学野球、社会人野球で活躍を続ける選手が多い。

 そこで今回は2014年選抜の2回戦で戦った佐野日大智辯学園戦士たちのその後を紹介する。

【佐野日大】

投手 田嶋 大樹 3年(JR東日本-オリックス)2017年1位
投手 稲葉 恒成 3年(日本大)

捕手 岩﨑 昂佑 2年(仙台大-全足利クラブ)
捕手 長 啓太 3年(日本大)

内野手 吉田 叡生 3年(中央大-Honda)
内野手 柿澤 郁也 2年(仙台大)
内野手 竹村 律生 2年(明治大<準硬式>)

外野手 長沢 吉貴 3年(日本大-東芝)
外野手 坂田 収 2年(獨協大)

【智辯学園】

投手 尾田 恭平 3年(大商大‐JFE西日本)

捕手 吉田 高彰 3年(上武大‐セガサミー)

内野手 岡本 和真 3年(読売)2014年1位
内野手 吉岡 郁哉 3年(法政大‐王子)
内野手 廣岡 大志 2年(東京ヤクルト)2015年2位
内野手 岩田 拓 3年(上武大)

外野手 大西 涼太 3年(東北福祉大‐三菱自動車岡崎)
外野手 高岡 佑一 3年(近畿大)
外野手 清水聖也 2年(東北福祉大-大阪ガス)
外野手 大西律暉 2年(龍谷大-大和田高田クラブ)

 この中から、田嶋 大樹岡本 和真廣岡 大志の3名がプロ入り。

 佐野日大のエース・田嶋 大樹は、高卒でJR東日本に進み、U-23W杯、アジア選手権大会で日本代表を経験。2017年ドラフトで2球団競合の末、オリックスが指名権を獲得した。入団1年目から開幕ローテ入りを果たすも、肘の怪我により1年目は12試合、2年目は10試合登板にとどまった。今季はオリックスの左のエースとしてフル稼働を期待したい。

 岡本 和真は読売に1位指名を受け入団。プロ3年目にして、全試合出場を果たし、30本塁打、100打点を達成。昨年も全試合出場を果たし、原辰徳監督から"若大将”の異名を継承。日本球界を代表する若きスラッガーに成長した。

 東京ヤクルトに2位指名を受けた廣岡 大志は、昨シーズンはキャリアハイの91試合に出場。10本塁打、出塁率.297の成績を残し、今季はヤクルト内野陣からレギュラー奪取に期待したい。

 中央大に進学した佐野日大の主将・吉田 叡生は4年春に首位打者、ベストナインのタイトルを獲得。大学卒業後はHondaに進み、1年目から都市対抗、日本選手権の舞台を経験した。

 外野手の長沢 吉貴は日本大に進学。2年時には明治神宮大会ベスト4に貢献。3年時には日米野球、ユニバーシアード競技大会で日本代表を経験。4年春にリーグ戦通算56打数20安打を放ち、東都2部のMVPを獲得。入団した東芝では、昨年の日本選手権1回戦王子戦では2番・中堅手としてスタメン出場を果たした。

 岡本と共に智辯学園のクリーンナップを務めた吉岡 郁哉は法政大に進学。4年秋の明治大戦では代打でサヨナラ打放ち、明治神宮大会も経験した。社会人・王子に進み、昨年の日本選手権では3試合に出場し8打数3安打の成績を収めた。

 捕手の吉田 高彰は進学した上武大では在学中、関甲新リーグで3度のベストナインを獲得。大学日本代表にも2度選出された。大学卒業後はセガサミーに入社し、今年で社会人2年目のシーズンを迎えた。

 当時3年生で、大学を経て社会人に進んだ選手たちは、今年で2年目を迎える。ここから新たなプロ入り選手が生まれるのか注目していきたい。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

関連記事
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!
21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】
21世紀枠候補に選出された伊香(滋賀) 滋賀学園に金星をあげることができた理由【前編】

【関連記事】
96年世代のエースに名乗り出る数字!同世代・松本航と投げ合った田嶋大樹が残す圧巻の成績 【ニュース - 高校野球関連】
「都立の星」オリックス鈴木優がプロ初勝利! 96年生まれ高卒選手の活躍光る 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第111回 1996年世代の高卒スターに負けじと大学4年間で這い上がった大卒2年目(1996年世代)の逸材たち【高校野球コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs神戸国際大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs奈良大附【奈良県 2019年秋の大会 令和元年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選】
八戸学院光星vs智辯学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第949回 「勝ち進む中での自信」と「新しい球種」を踏み台に一つ上のステージへ 松倉亮太(佐野日大)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 「打倒・作新」を胸に「制球力とキレ」を磨き続けた 松倉亮太(佐野日大)【前編】 【2019年インタビュー】
岡本 和真(智辯学園) 【選手名鑑】
廣岡 大志(智辯学園) 【選手名鑑】
佐野日大 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
育成から支配下、そして1軍の舞台へ。急成長を遂げる注目株・長谷川宙輝(聖徳学園出身)の魅力
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る