明徳義塾(高知)交流試合で約束の地・甲子園へ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.10

甲子園交流大会での意気込みを語る明徳義塾主将・鈴木大照(3年・捕手)

 6月10日(水)日本高等学校野球連盟(以下、日本高野連)は、中止となった「第92回選抜高等学校野球大会(以下、センバツ)」に出場予定だった32校に対し「2020年甲子園高校野球交流試合」(主催:日本高野連、後援:朝日新聞社・毎日新聞社、特別協力:阪神甲子園球場)と称した1試合提供マッチを兵庫県西宮市の阪神甲子園球場において8月10日(月)~12日(水)・15日(土)~17日(月)の日程で開催することを発表。

 3年生たちを中心に日本高野連をはじめとする多くの大人たちが心を込めて道筋を創ったこの初となる出来事に対し、センバツで昨秋四国王者としてセンバツ2年ぶり19回目の出場を決めていた明徳義塾は、同日16時から高知県須崎市の同校研修会館において「2020甲子園交流試合」出場決定会見を行った。

 出席したのは嵜本 宏明校長・馬淵 史郎監督と主将・鈴木 大照(3年・捕手・右投右打・170センチ70キロ・河南リトルシニア<大阪>出身)の3名。会見ではまず嵜本校長が「15時27分に日本高野連から連絡を受けて、交流試合の出場が決まりました。一度はあきらめかけていた大会出場でしたし、子どもたちの姿を見ても少し肩を落としていたのは辛かった。が、今回改めて甲子園の土を踏めるということで、学校としても喜んでいる。コロナ対策を万全にして元気な姿で甲子園でのプレーを披露したい」と交流試合出場決定を報告した後、各社から質疑応答を受け付ける形式で議事が進行。

 その中で馬淵監督は「こういう機会を与えて頂いた以上、交流試合では『交流試合をしてよかった』と思って頂けるような試合ができるように、甲子園1回戦の位置付けで高知県代表・四国代表として恥ずかしくないように臨みたい」。鈴木主将は「こういう試合を与えて頂いたことに感謝している。3年生は最後の試合となると思うので、全力で戦いたい。日本国民の皆さんに元気や希望を与えらるような試合をしたい」とそれぞれ意気込みを述べた。

 また、馬淵監督は通常甲子園大会の18名から20名に広がった大会ベンチ入り選手の選考については「センバツのメンバーを基本に3年生を中心に選考したい、1年生をベンチに入れるのは趣旨に反する」と明言。

 また、鈴木主将は「2020年甲子園高校野球交流試合」の前に7月18日(木・祝)開幕で開催される「2020高知県高等学校野球夏季特別野球大会」についても「優勝して甲子園に行きたい」と準決勝で高知中央に敗れ3位に終わった秋県大会のリベンジを誓っている。

 明徳義塾にとって聖地・甲子園は指揮官が「何度でも行きたい場所。今回のことでその想いがさらに強くなった」と語ったように正に「約束の地」。大会名が変わったとしても変わらない最初のハードル「甲子園1勝」を勝ち取るため、3年生38人・2年生25人・1年生39人の102選手たちはそれぞれの立場で不断の努力を続ける。

(取材=寺下 友徳

関連記事
「島から甲子園」を目指す! 徳之島(鹿児島県)の取り組みに迫る!
今年の長崎は激戦区!創成館や長崎商など実力校がひしめく夏の長崎大会の展望を紹介!
第369回 長崎総合科学大学附属高等学校(長崎)【前編】

【関連記事】
明徳義塾&尽誠学園・甲子園交流試合での全力を誓う! 【ニュース - 高校野球関連】
両校のエース・岸と山岡がプロ入り!2013年夏の2回戦を戦った明徳義塾と瀬戸内ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1回 2019年高知県高校野球3大ニュース 森木 大智(高知)がもたらした「化学変化」【高知の高校野球】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第176回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.20 市川悠太(明徳義塾)「高校生ナンバーワンサイド。10失点を成長の糧に」【ドラフト特集コラム】
鈴木 大照(明徳義塾) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
ドラフトまで残り4日!小関順二のプロ12球団ドラフト指名予想シリーズをおさらい!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る