夏の甲子園、今春開催予定だった選抜大会の代替大会が続々と決定するなど、ようやく高校野球界にとって明るい話題が湧き上がっている。そこで、ここではこれまで甲子園を盛り上げたチームと選手を振り返り、彼らのその後を追っていく。

 今回は、2014年石川大会決勝・小松大谷との試合で9回に8点差をひっくり返す大逆転劇で甲子園出場を果たした星稜の主力選手たちのその後を紹介する。

投手 岩下 大輝 3年(千葉ロッテ)2014年3位

捕手 横山 翔大 3年(国士舘大ソフトボール部)

内野手 中村 勇人 3年(桜美林大)
内野手 村上 千馬 3年(大阪産業大)
内野手 梁瀬 彪慶 2年(慶應大)
内野手 今村 春輝 3年(金沢星稜大-BC石川)
内野手 髙山 直也 3年(金沢星稜大)
内野手 中谷 圭祐 3年(金沢星稜大)
内野手 酒井 龍一 2年(朝日大)

外野手 谷川 刀麻 2年(近畿大-東芝)
外野手 佐竹 海音 2年(専修大)
外野手 竹中 翔吾 2年(国学院大)

 エース・岩下 大輝は2014年ドラフトで千葉ロッテに3位指名を受け入団。昨シーズンは主に先発として、21試合に登板し5キャリアハイの5勝を挙げた。今季は先発ローテーション入りが期待される。

 岩下の女房役・横山 翔大は国士舘大学に進学しソフトボールに転向。2018年には外野手として日本代表にも選出された。

 2年生で1番・中堅手としてスタメンを張った谷川 刀麻は近畿大に進学。1年春からリーグ戦に出場し、通算93試合で打率.276、本塁打6本を記録。3年春には外野手で、秋には三塁手でベストナインに輝いた。大学卒業後は東芝に進み、社会人1年目のシーズンを迎えた。

 金沢星稜大に進学した今村 春輝は大学卒業後、ルートインBCリーグの石川ミリオンスターズに入団。身長188センチ、体重88キロの体格を武器に1年目から4番に座り、2019年6月25日の福井ミラクルエレファンツ戦では1試合2本塁打を記録した。

 まだまだ、現役の第一線で活躍を続ける2014年の星稜ナインたち。今後の活躍にも注目していきたい。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

関連記事
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!
21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】
21世紀枠候補に選出された伊香(滋賀) 滋賀学園に金星をあげることができた理由【前編】