「今年の3年生だから伝えられることも」福岡の公立校・香椎を取り巻く現在

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.02

香椎高校・杉野弘英監督

 20日の夏の甲子園の開催中止を受けて、連日各都道府県では独自の大会が開催できないか。その議論が飛び交っている中だが、福岡県では25日に独自の大会を開催しないことを発表した。まだ部活動も再開できていないチームもいたが、福岡地区に入る香椎もその中の1つだ。

 25日は分散登校だったため、翌日の26日に選手たちを集めて杉野弘英監督はミーティングを開いた。その前に杉野監督は主将と話をしたが、独自の大会を開催しないことは大きなダメージを与えていた。

 「20日の甲子園中止の時は、『自粛期間が長く、多くの大会が中止となっていたので覚悟はしていました。ただ、仲間が財産として残っていますし、高校野球を通じて人間的に成長が出来た』と主将は話してくれたので少し安心していました。ただ、25日の時は『あるものだと思っていました』と言ってきましたね」

 杉野監督自らも涙を流しながら話をしたが、選手たちの中では顔を上げられず、うつむ選手もいたと振り返った。甲子園が中止となったときは、常日頃から伝えてきた「高校野球を通じて得たことをどうやって生かすかが大事」という言葉を理解していた選手たちを見て、「代替大会の発表を待とう」と前向きな姿勢を作ることができた。

 しかし25日の結果はチーム全体に大きな影響を及ぼした。それでも杉野監督は選手たちへメッセージを送った。
 「今年の3年生だからこそ下級生たちに伝えられることもある。それを残してほしいし、今回のことが成長に繋がるはずだから、あと1か月一緒にやろう」

 香椎は28日にミーティングを開き、29日から本格的に部活動が再開している。杉野監督率いる香椎はこの夏をどのように過ごすのか。

(取材:田中 裕毅)

関連記事
各都道府県の学校再開、夏の代替大会開幕予定一覧リスト
6月から練習を再開する東大和高校野球部の福島靖監督に選手たちの新たなスタートラインにつて伺った。
チームでのトレーニング再開で気をつけること

【関連記事】
【動画つき!】福岡の公立校屈指の145キロ右腕・牟田稔啓が二打席連続弾!次戦は投手として活躍できるか 【ニュース - 高校野球関連】
福岡の実力公立校・香椎が取り入れた「課題練習」 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
ヤクルト・村上がセ31年ぶりに高卒新人王に!2019年タイトル受賞者を出身校とともに振り返る。
次の記事:
大阪桐蔭、亜細亜大出身選手が最多 過去5年のタイトル受賞者をドラフト経歴別で集計!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る