滝野要が中日に!2014年夏の甲子園出場の大垣日大戦士たちのその後は

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.30

中日に入団した滝野要

 選抜大会、選手権大会の開催が中止となり、高校球児だけでなく、高校野球ファンものショックは大きかったのではないか。そこで、これまで甲子園を盛り上げたチームの選手のその後を紹介していきたい。

 今回は2014年夏の甲子園出場を果たした大垣日大の主力選手たちのその後を紹介したい。

投手 高田 航生 3年(日体大)

捕手 内藤 大貴 3年(中京学院大)

内野手 野崎 文志 3年(中京大-福島レッドホープス)
内野手 湯口 郁実 1年(大阪商業大)
内野手 東 祐輔 3年(愛知大)
内野手 榊山 翔太 2年(中部大)
内野手 大沢 登生 2年(愛知東邦大)

外野手 滝野 要 3年(大阪商業大-中日)
外野手 種田 真大 3年(立教大)
外野手 古谷 大至 3年(愛知東邦大)
外野手 金田 凱 3年(日本大)

 4番を務めた滝野 要は大阪商業大に進学。1年春から試合に出場し、関西六大学リーグで在学中の8季で6度のリーグ優勝に貢献した。ベストナインに4度選出されるなど、走攻守で活躍し、2018年のドラフトで中日に6位指名を受け、同期で主将の太田 光捕手(楽天)と共にプロ入りを果たした。

 2014年夏の甲子園の初戦藤代戦で8回に勝ち越し2ランを放った野崎 文志は中京大に進学。4年春のリーグ優勝を決める試合で代打で出場し逆転の適時2塁打を放つなど、持ち前の勝負強さを発揮。大学卒業後は福島レッドホープスに進み1年間プレーした。

 立教大に進学した種田 真大は4年時に副主将を務めた。4年春のリーグ戦では規定打席に3つ届かずも、32打数13安打、打率.406の好成績を残した。

 1年生で2番遊撃手を務めた湯口 郁実はだ大阪商業大に進学。3年時の昨年には関西六大学選抜に選出され、全日本大学野球選手権ベスト8進出、明治神宮大会出場に貢献。今春で大学ラストイヤーを迎えた。

 2014年夏の初戦でみせた逆転劇が印象的な大垣日大ナイン。今後の活躍にも注目していきたい。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

関連記事
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!
21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】
21世紀枠候補に選出された伊香(滋賀) 滋賀学園に金星をあげることができた理由【前編】

【関連記事】
くまのベースボールフェスタ 【ニュース - 高校野球関連】
くまのベースボールフェスタ 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
【選手権新潟大会】両左腕の好投光る!中越、白熱の投手戦を制しベスト16!計2試合を徹底レポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る