9戦中6戦が1点差ゲーム。兵庫の強豪・明石商と神戸国際大付の過去10年の対戦成績を振り返る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.29

中森俊介(明石商)、鍵翔太(神戸国際大付)

 近年の兵庫の高校野球でライバル関係にある高校といえば、明石商神戸国際大附だろう。そこで今回は両校の直近10年の対戦成績を振り返っていきたい。

2013年5月4日(延長11回)
春季兵庫大会 準決勝
神戸国際大附 4-3 明石商

2015年7月28日(延長11回)
第97回全国高等学校野球選手権 兵庫会 準決勝
明石商 5-4 神戸国際大附

2016年7月25日
第98回全国高等学校野球選手権 兵庫会 準々決勝
明石商 5-4 神戸国際大附

2016年9月22日
秋季兵庫大会 3回戦(延長11回)
神戸国際大附 4-3 明石商

2017年5月3日
春季兵庫大会 準々決勝
明石商 3-0 神戸国際大附

2017年7月28日
第99回全国高等学校野球選手権 兵庫会 決勝
神戸国際大附 4-0 明石商

2018年10月13日
秋季兵庫大会 決勝
明石商 3x-2 神戸国際大附

2019年7月29日
第101回全国高等学校野球選手権 兵庫会 決勝
明石商 4-1 神戸国際大附

2019年10月5日
秋季兵庫大会 準決勝
明石商 4-3 神戸国際大附

 両校は過去10年で9度対戦し、明石商が6勝、神戸国際大付が3勝と明石商が優勢の模様。しかし、9戦のうち6戦が1点差ゲームで3戦が延長戦に突入している。さらにサヨナラ1試合、9回に逆転した試合が2試合とまさにライバル同士の戦いを演じている。

 直近10年の甲子園での成績は明石商が2019年春夏連続で4強入りを果たしており、神戸国際大付は2017年夏の3回戦進出が最高。2016年に初出場を成し遂げた明石商の近年の躍進が際立った。

 今夏の大会は中止となってしまったが、これからも兵庫の高校野球を盛り上げる両校の熱い戦いに期待したい。

関連記事
中川卓也(大阪桐蔭-早大)の兄・中川優ら 2014年八戸学院光星ナインのその後は?
野村、菅野、相澤など3回甲子園出場を経験した山梨学院の主力選手たちの進路は充実!
岸潤一郎(埼玉西武)とプレーした2014年明徳義塾ナインのその後は?

【関連記事】
飯迫 恵士、竹村 陸は大学日本代表を経験!2014年夏の甲子園初出場を果たした神戸国際大付ナインのその後 【ニュース - 高校野球関連】
【動画】プロ入りへ強いこだわり!2020年度注目度ナンバーワンスラッガー・来田涼斗が語る課題 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

次の記事:
少人数の野球部から軟式の日本代表へ。強豪私学が恐れる好投手・清水 惇(安中総合)の軌跡【前編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る