昨夏甲子園ベスト8の関東一は環境整備に努めながら再開の時を待つ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.26

関東一の注目スラッガー・重政拓夢 ※写真は昨秋の都大会から

 5月20日、第102回全国高等学校野球選手権大会・地方大会の中止が決定した。戦後では史上初の決定。今まで味わったことがない事態に、指導者、選手はどう受け止めて、次に動いているのか、各校の想いを紹介していきたい。今回紹介するのは、昨夏の甲子園ベスト8の関東一だ。

「多少の覚悟はしていたんですけど、ああいう発表をいただいた時、自宅に帰省している3年生たちの顔が浮かびましたね…」と米澤貴光監督は中止決定後の20日をそう振り返る。

 4月中は自主練習。関東一はオンライン授業が始まったこともあり、間隔を明けながら授業を受け、そして空いた時間で学年別で自主練習を行っていた。

 しかしゴールデンウィークの前に感染者も増えていたことも背景にあり、野球部員の帰省を決断した。
「野球部で子どもたちを預かって欲しいという保護者の方が多数おりました。部長、学校と相談した結果、帰省することを決めました」
 5月中はZoomを使いながら、不定期でミーティング。中止決定後は3年生だけでウェブミーティングを行い、次へ向けて動き出した。東京都高野連は代替大会開催へ向けて動き出している。
「東京都は感染者数が多く、非常に厳しい地域で、それでも武井先生(理事長)が中止になる前から開催するという前向きなメッセージを発信していたことは非常に大きいです」

 

 緊急事態宣言が解除され、関東一も分散登校の時期を協議する予定。また、野球部も学校と協議を重ねながら、再開時期を検討する。そのため野球部員については一斉集合ではなく、段階的に選手を集合をさせていきながら、全体練習ができればと考えている。

 現在、米澤監督をはじめとした指導スタッフはグラウンドの環境整備に努めている。
「今は草と格闘していますね(笑)とにかく復帰時に生徒たちがすぐに練習できるように準備をしています」

 米澤監督はこれからも選手のためにサポートをし続ける。  

関連記事
各都道府県の学校再開、夏の代替大会開幕予定一覧リスト
21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】
21世紀枠候補に選出された伊香(滋賀) 滋賀学園に金星をあげることができた理由【前編】

【関連記事】
2試合連続HRを放った山下幸輝がプロ入り!2010年夏8強入りを果たした関東一ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
15年ぶりの”東京対決”!2010年夏の3回戦を戦った関東一と早稲田実ナインのその後 【ニュース - 高校野球関連】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
関東一vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
関東一vs駒込【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大鶴ヶ丘vs関東一【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
関東一vs仙台育英【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
関東一vs海星【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
第842回 キューバ遠征で自分を変えたい! 東東京屈指の速球派右腕・谷 幸之助(関東一) 【2018年インタビュー】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第720回 石橋康太(関東一)「甲子園とプロ入りを見据えて。世代屈指の捕手が始めた意識改革」 【2018年インタビュー】
関東一 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
東海大相模が関東大会進出 13安打12得点で相洋を下す
次の記事:
【秋田】昨夏Vの秋田中央が初戦突破!秋田独自大会が開幕
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る