日程をずらしても開催できるよう調整進める!岡山県は代替大会開催の方向を示す

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.24

昨秋の神宮大会に出場した倉敷商の福家悠太

 5月20日の夏の甲子園、及び地方大会の中止が決定を受け、岡山県高野連は3年生の為の代替大会の開催の意向があることがわかった。

 本来の夏の大会の開幕日である7月10日(金)から1週間以上遅らせた、7月18日(土)の開幕を理想に無観客試合での開催で検討中。できるだけ土日を使って大会を実施できるように調整をしながら、県の教育委員会など公的機関の調整、球場確保、加盟校の部活動の状況などを考慮に入れて現在協議を行っている。

 開催できるようになるには健康・安全の確保が最優先となる。条件が整い、3年生の集大成の舞台が準備できるように願うばかりだ。

関連記事
各都道府県の学校再開、夏の代替大会開幕予定一覧リスト
21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】
21世紀枠候補に選出された伊香(滋賀) 滋賀学園に金星をあげることができた理由【前編】

【関連記事】
甲子園中止を受けて各都道府県の高校野球連盟の対応とは? 【ニュース - コラム】
第118回 夏の選手権、代替大会が切っ掛けとなり、高校野球新時代の方向性も見えてきた【高校野球コラム】
本日初戦!中国のスピードキング・引地秀一郎(倉敷商)の原点に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第735回 中国のスピードキング・引地秀一郎(倉敷商)狙うは全国制覇と全国ナンバーワンピッチャー 【2018年インタビュー】
第511回 執念で甲子園出場を! 6年ぶりの出場を狙う名門・倉敷商(岡山)の課題【野球部訪問】
第647回 近年は新鋭の台頭!群雄割拠の“岡山春の陣”【大会展望・総括コラム】
第9回 ヤンキース岡山 創立8年目の“若い”チームが掲げる勝利と育成の両立【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第667回 田淵 一樹(ヤンキース岡山)最速141キロを誇る快速中学生が思い描く高校野球生活 【2018年インタビュー】
第43回 岡山芳泉高等学校(岡山)【冬が僕らを強くする2018】
岡山県共生 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
四国アイランドリーグplus・チャンピョンシップの見どころを紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る