昨春、横浜を破り、関東大会出場を決めた桐光学園桐光学園は走攻守すべてにおいて鍛えられており、レギュラーとして出ている選手は総合力が高く、欠点が少ない。さらに県内でも上位の進学校。そのため、大学球界から人気が高い。進路を見ていくと、強豪大学で続ける選手が非常に多い。

投手 谷村 然(慶應大)
投手 冨田 冬馬(青山学院大)
捕手 有賀大貴(同志社大)
捕手 高橋建心(日体大)
一塁手 天野陸(桜美林大)
二塁手 唐橋悠太(法政大準硬式)
遊撃手 楠本 龍聖(立正大)
外野手 桐光学園(國學院大)

 東京六大学が1人、東都一部が2人、東都二部1人、首都大一部が2人、関西学生が1人とここまで強豪大学で続けられる選手が多いのは凄いことである。
 今後の活躍にも注目だ。

(記事:河嶋 宗一

関連記事
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧
松井裕樹で注目を浴びた2012年の桐光学園ナイン。その後はレギュラー全員が強豪大学へ!
奪三振率は11.55!松井裕樹はクローザーでの経験を先発で活かせるのか?