筒香、内川ら高卒選手が4人! ホエールズ・ベイスターズの歴代のドラフト1位でベストナイン!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.23


横浜DeNA時代の筒香嘉智(横浜高出身)

 1965年に行われた第1回ドラフト会議から、多くの選手がドラフト1位でプロ入りを果たしている。各球団におけるドラフト1位は、その年のなかでもっとも期待をかけられている存在だ。

 さて、そのなかDeNA(前身球団含む)の歴代におけるドラフト1位だけでベストナインを組んだら、どのようなチームになるのだろうか。

 投手は「大魔神」こと佐々木主浩氏(東北福祉大/1989年)を選出した。抑えとして君臨しNPBのみで通算252セーブを達成.。名球会入りを果たしており実績は文句ないだろう。

 斉藤明雄氏(大商大/1976年)や斎藤隆氏(東北福祉大/1991年)などもドラフト1位入団だが、佐々木氏には及ばない。ちなみに平松政次氏(日本石油/1966年2次)はドラフト2位、三浦大輔氏(高田商/1991年)はドラフト6位での入団だった。

 捕手は谷繁元信氏(江の川高/1988年)を選出している。高卒出身ながら1年目に80試合に出場。2001年まで主力としてマスクをかぶった。ちなみにDeNAは前身球団を含めて、ドラフト1位で捕手を指名したのは谷繁ただひとりだけだ。

 内野手はかなり難航した。そのなかで選んだのは一塁は村田修一氏(日大高/2002年)、二塁は内川聖一(大分工/2000年/現・ソフトバンク)、三塁は銚子利夫氏(法政大/1983年)、遊撃は山下大輔氏(慶応大/1973年)である。

 遊撃の山下氏は文句なしだろう。村田氏は横浜時代に一塁の守備についたのは1試合のみだが、三塁ではなく一塁で選出した。また内川も本職は二塁ではないが、苦渋の選択である。三塁の銚氏子は1980年代後半にレギュラーとして活躍。タイトルの獲得こそ無いが、守備の名手として知られた存在だ。

 外野手は長崎慶一氏(法政大/1972年)、古木克明氏(豊田大谷高/1988年)、筒香 嘉智(横浜高/2009年/現・レイズ)の3人。

 長崎氏は1982年に首位打者とベストナインを獲得しているが、この年の首位打者争いは熾烈だったことでも知られている。2位の田尾安志氏(中日)との差はわずか.001だった。その状況のなか、最終戦で田尾氏を5打席連続敬遠したことは物議を醸している。

 今年からMLBのレイズへと移籍した筒香嘉智(横浜高/2009年)も異論はないだろう。最後のひとりには古木克明氏(豊田大谷高/1998年)を選出。規定打席に到達したことはなかったが、パンチ力はあり2003年には22本塁打を放った。その2003年までは主に三塁を守っていたが、以降は外野に専念している。

 谷繁氏、古木氏、内川、筒香と4人の高卒選手が独自ではあるが、ベストナインに名を連ねた。昨年のドラフト1位である森 敬斗(桐蔭学園高)も続くことができるだろうか。

<DeNA・ドラフト1位指名のみのベストナイン>
※自由獲得枠、希望入団枠含む
※前身球団含む

投手:佐々木主浩(東北高→東北福祉大/1989年)
捕手:谷繁元信(江の川高/1988年)
一塁:村田 修一東福岡高→日大/2002年)
二塁:内川聖一(大分工/2000年)
三塁:銚子利夫(市立銚子高→法政大/1983年)
遊撃:山下 大輔清水東高→慶応大/1973年)
外野:長崎慶一(北陽高→法政大/1972年)
外野:古木 克明豊田大谷高/1998年)
外野:筒香 嘉智横浜高/2009年)

(記事:勝田 聡)

関連記事
【ドラフト指名一覧・横浜DeNAベイスターズ】地元のポテンシャルの高い野手を単独指名で獲得!
【ドラフト総括・横浜DeNAベイスターズ】 筒香以来の高卒野手1位・森敬斗に、智辯和歌山の強肩捕手・東妻純平を指名
「チームを勝たせるピッチングができるように」 横浜DeNAドラ2・坂本裕哉(立命館大)がドラフト翌日に好投!

【関連記事】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
菊池雄星、筒香嘉智らメジャーリーガー2人輩出!91年世代ドラ1の現在地 【ニュース - 高校野球関連】
戦国東都で100安打以上は一流の証明?高木豊(多々良学園出身)、村田修一(東福岡出身)など記録達成者たち 【ニュース - 高校野球関連】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第89回 稀代のスラッガー・阿部慎之助が引退 今なお輝きを放つ5名の2000年ドラフト戦士たち【高校野球コラム】
第87回 埼玉西武ライオンズ・山川 穂高2年連続40号の偉業! 過去の達成者と意外な候補【高校野球コラム】
第908回 首脳陣も認める努力で掴み取った主力の座 中野堅士郎(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第53回 西日本短大付(福岡)「目指すは10回戦って10回勝つチーム!」【冬が僕らを強くする2019】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第651回 内川 聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)ケガの時期は「プラス要素」に変えられる【後編】 【2018年インタビュー】
筒香 嘉智(横浜) 【選手名鑑】
古木 克明(豊田大谷) 【選手名鑑】
村田 修一(東福岡) 【選手名鑑】
山下 大輔(西日本短大附) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
「何らかの試合をして締めくくらせてあげたい」 群馬の実力校・樹徳の現在とは
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る