尽誠学園(香川) 無念の想いを綴る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.21

尽誠学園・西村 太監督(*写真は昨秋四国大会明徳義塾戦より)

 5月20日(水)・日本高等学校野球連盟は当初8月10日(土)から兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催予定だった「第102回全国高等学校野球選手権大会」の中止を発表。これにより18年ぶり7回目の出場となったセンバツに続き、夏も聖地への夢が断たれた尽誠学園(香川)は、西村 太監督と主将の菊地 柚(3年・二塁手・右投右打・170センチ66キロ・ヤング神戸須磨クラブ<兵庫>出身)が文書で無念の想いを綴るコメントを発表した。

 なお、2人のコメント以下の通りとなっている。

西村 太監督

 5月15日(金)に一部メディアから「甲子園中止」という報道もあり、日本高野連関係者の方も本日の運営委員会の時点で結論を発表せざるをえない状況になってしまったと思います。そんな中でも高野連関係者の皆さまが全国の高校球児のためにすごく熟考・ご尽力頂いたことに感謝申し上げます。

 そして3年生にとってはこの夏が最後の大会になります。彼らはセンバツ中止が決定した後、4月6日から練習を再開した時から悔しさを夏にぶつけようと取り組み。4月11日から再び自主練習期間中に入った後も自分の力を伸ばすべく練習に臨み、かつ1人1人が自分の役割を考え、それをどうチームに活かすかを頭に入れて行動してくれました。

 そんな3年生たちが力を披露できず甲子園への道を断たれたことの心を慮ると私も心が張り裂けそうになり、苦しいです。

 今後、独自の県大会が開催される可能性もありますが、まず私は今すべきことは選手たちに対し心のケアを尽くすこと。彼らに前を向かせ、この経験が自分たちの力になるよう言葉を伝えること。そして、選手たちの進路に対して全力でサポートすること。その後、県大会については主将(菊地 柚)・副主将(橘 孝祐・3年・捕手)を中心に3年生と話し合っていきます。

主将・菊地 柚(3年)

 センバツ中止を言われた3月11日から、あの日を忘れないで夏にすべてをぶつけ、ぶっちぎりで香川大会を優勝しようと練習してきましたが、小さいころからずっと憧れていた甲子園が中止になってしまって本当に悔しい。友だちや家族の顔が浮かんできて涙が止まりませんでした。

 ただ、この悔しさはこれからの人生に絶対活きてくると思う。どんなことがあってもこんな辛い想いは二度としないと思うので、この悔しさをこれからの野球人生に絶対につなげていきます。もし香川県独自の大会があれば、3年生たちと楽しくプレーしたいです。

(取材・寺下 友徳

関連記事
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!
第560回 東海大菅生の2年生スラッガー・片山昂星に注目!一番のウリは本塁打の飛距離!
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡

【関連記事】
千葉県の独自大会は8月開催へ。大会日程・大会方式については6月に議論 【ニュース - 高校野球関連】
昨年夏の甲子園出場の岡山学芸館ナイン、指揮官の胸の内 【ニュース - 高校野球関連】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「ピンチをチャンスに」思える発想を! 私が考える「代替案」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「休養日を有効に活用しての特別試合を実施!」【高校野球コラム】
第108回 島袋洋奨(興南出身)、今井達也(作新学院出身)などの現在地。過去10年間の甲子園優勝投手の歩み【高校野球コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
尽誠学園vs岡豊【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
尽誠学園vs大手前高松【香川県 2019年秋の大会 香川県秋季大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
尽誠学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
センバツ特別インタビュー!!Honda 筑川利希也 選手
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る