明徳義塾・馬淵史郎監督が 「3年生球児たち」へ語りかけたメッセージ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.21

甲子園中止を野球部員に伝える馬淵監督(須崎市の明徳義塾高校)*高知新聞社提供

 5月20日(水)日本高等学校野球連盟は当初8月10日(土)から兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催予定だった「第102回全国高等学校野球選手権大会」の中止を発表。それに伴い2年ぶり19回目の出場となったセンバツに続き夏も聖地への夢は断たれる形となった明徳義塾(高知)は、16時に大会中止が伝えられた後、馬淵 史郎監督が選手たちを車座に座らせて、このように語りかけた。

  今、日本高野連の発表で中止が決まった。今大会は102回の回数には入れるらしいが、中止。地方大会も中止。県予選はやらない。予選に代わる大会か何かそういうものは各連盟がやると言うことまでは分かっていた。おまえらが目標にしとった大会がないので非常に残念でたまらん、俺も。

 親元離れて3年生はね、3年の夏に向けて、センバツも中止になったところへ持ってきて、最後の夏の自分の力を発揮できる大会がなくなったというのは本当につらいけど、まあ今の社会情勢から言うたら、おまえらも50%ぐらいは(大会が)ないんじゃないかという気持ちは持っていたと思うけど、どうも正式に決まったんで。

 ただ、高校野球の目的は人間づくりやから。いつも言ってるように。勝つか負けるか分からん。どっかには負ける。優勝せん限り。日本一になったチームだけが称賛されるというか1チームだけ。4千校近いチームの中で。あとのチームは予選か甲子園に行ってどっかで負けるか、負けて終わるわけだ。目標としとったものがなくなるというのは本当にね、なんとも言えん、一言では残念としか言いようがないけど、それだけでは言葉足らんと思うんやけど、ただ目的は将来につながるための高校野球やから。それだけは忘れんなよ。

 勝った負けた、甲子園に出場できるできない、レギュラーになったなれないといろんなことがあるけど、要は世の中に出て通用するようなことをグラウンドで学ぶのが高校野球なんや。これで大会がなくなったからいうんで、自暴自棄になったり目標を失ってふにゃふにゃの人間になったりしたらあかんど。

 まだまだ将来につながるんやから。新しい目標を立てて野球続ける者もおるだろうし、高校3年間で終わって進学して違った道に行く者もおれば就職する者もおると思うけど、必ず、今の親元を離れて寮生活をして打ち込んだものが絶対どこかで生きてくるんやから、まあよその学校に比べたらまだ恵まれてるというたらおかしいけど、四国大会でチャンピオンになり、神宮大会という全国大会の経験ができたというのは唯一の救いや。それは胸張っていいと思うけど、新しい目標をとにかく設定してそこに向かってやっていかなならん。

 だから、今の時期で甲子園がなくなった、はい新チームに切り替えますというようなことはしない。まだ高知県高野連が独自の大会も考えてくれてるみたいなので、とにかくやれることを最後までやっていく。ええかこれでOB気分になって終わった終わったじゃないんだぞ。最後までとにかく3年生も夏休みまでは自分の目標に向かってしっかりやって、グラウンドには普通通りの時間に出て普段通りの練習をやって、内容は多少変わるかも分からんけど。



夏の甲子園中止決定の連絡を聞く野球部員(須崎市の明徳義塾高校)*高知新聞社提供

 忘れんなよ。世の中に出ていろんな苦しいことがあった時に、耐えていける精神力をつけるというのが高校野球なんや。こういう苦しい時ほど人間は試されるんで。甲子園だけがすべてじゃないんやから。人生。甲子園に行けない人間の方が多いんやから。全員が気持ち切り替えてやっていかないと。それでも最後まで同じ仲間とグラウンドでやれたというのが財産やから。

 10年・20年経って、あの時自分らの代は予選がなかった、試す場所がなかったということがきっと役に立つ時があるから。これで気持ちを切り替えるのは簡単には難しいかもしれんが、次のステップにみんなが進んでいくようにしよう。

 今の状況は命に関わることやから。自分らは若い者は軽症で済むとか根拠のないようなことを、最近は若い者でも重症になったり命がなくなったりする者もおるんで、他の人にうつしたりする心配もある。地方大会がなくなったというのも、移動と審判員の安全、それと医療体制がいま崩壊しかかってるやろ、球場に医者を派遣するだけの余裕がないと言われてる。高知県だけじゃない、甲子園もそうや。みんなを守ろうということよ。要するに。コロナから守ろうということで大会をなくした方がいいんじゃないかということ。そういうとらえ方をせないかんのじゃないかな。

 いまぱっと言われてぱっといい言葉が出てこないけど、自分も高校野球やった人間やから、でも俺らは負けて、それで高校野球に区切りをつけたんや。それがない分だけつらいわな。気持ちはよう分かる。親御さんもそういう気持ちだったと思う。そういう関係者のことも考えたら非常につらい。気持ち切り替えてくれとしかいいようがない。まあ頑張ってやれよ、こっからだぞ。こっからが出発点だ。何も終着駅じゃないよ。こっから出発点だ。気持ち切り替えてやっていけよ、ええか。

(取材・寺下 友徳

関連記事
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!
第560回 東海大菅生の2年生スラッガー・片山昂星に注目!一番のウリは本塁打の飛距離!
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡

【関連記事】
2012年から2014年の”因縁の対決”大阪桐蔭と明徳義塾の対戦を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第6回 初戦突破率87%!四国を代表する名門・明徳義塾の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1000回 明徳義塾(高知・2年ぶり19回目の出場)「逆転の明徳義塾」で全冠制覇を目指す!【センバツ2020】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
神村学園、尚志館が九州大会出場を決める!準々決勝2試合を徹底レポート!【春季鹿児島県大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る