山田哲人や村上宗隆などヤクルト歴代のドラフト1位でベストナインを組むと…?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.18

履正社時代は遊撃手だった山田哲人選手(東京ヤクルト)

 1965年に行われた第1回ドラフト会議から、多くの選手がドラフト1位でプロ入りを果たしている。各球団におけるドラフト1位は、その年の指名選手たちのなかでもっとも期待をかけられている存在といってもいい。

 そんな超有望株だけで、各球団ごとにチームを作ったらどのようなチームになるのだろうか。今回はヤクルトで試してみた。

 ※1965年から2019年のドラフト会議で1位、1巡目、自由獲得枠、希望入団枠でヤクルトに入団した選手たちから選出している。

 投手は球団を支えた功労者が多かった。石川雅規(青山学院大/2001年自由獲得枠)、石井一久(東京学館浦安高/1991年)、川崎憲次郎(津久見高/1988年)、伊東昭光(本田技研/1985年)…と名前をあげればきりがない。

 そのなかで選んだのは伊藤智仁(三菱自動車京都/1992年)である。1年目からスライダーを武器に先発として活躍、その後は中継ぎや抑えも経験した右腕だ。投手タイトルの獲得、2桁勝利の達成はない。規定投球回に到達すたのも1度だけしかない。しかし、残したインパクトは強烈だった。

 野手陣の選考は難航した。投手と比べるとドラフト1位での指名人数が少なく、またポジションにも偏りが生まれているからだ。しかし、ヤクルトの場合はなんとかポジションを埋めることができた。

 最難関となってもおかしくない捕手は八重樫幸雄(仙台商/1969年)を選出している。24年間に渡って現役でプレーした八重樫は、記録よりもメガネや極端なオープンスタンスが記憶に残っているファンも多いのではないだろうか。現役生活の大半は、バリバリのレギュラーというわけではないが、欠かせない存在だった。ちなみに古田敦也は1989年のドラフト2位入団である。

 内野は一塁に村上 宗隆九州学院高/2017年)、二塁には田中浩康(早稲田大/2004年自由獲得枠)、三塁には長嶋一茂(立教大/1987年)をそれぞれ選んだ。二塁は山田 哲人履正社高/2010年)もいるが、遊撃が見当たらなかったためプロ入り時のポジションで選出している。意外にもドラフト1位入団で遊撃手として大成した選手はいなかった。宮本慎也も池山隆寛も2位であり、水谷新太郎は9位での入団だ。

 外野には広澤克実(明治大/1984年)、高井雄平(東北高/2002年)、武内晋一(早稲田大/2005年希望入団枠)の3人を選んだ。いずれもドラフト指名時のポジションは外野ではなかったが、プロ入り後に外野を守っている。若松勉や稲葉篤紀、青木宣親といった2000本安打達成者たちもドラフト1位での入団ではなかった。

 ヤクルトに限った話ではないが、ドラフト1位で外野手の指名はほとんどない。どのチームでベストナインを考えるときも苦労しそうだ。

 このようにヤクルトは歴代のドラフト1位だけでも、極端なポジション変更なくチームを組むことができた。その他の球団、または順位で縛るのもおもしろいかもしれない。

<ヤクルト・ドラフト1位指名のみのベストナイン>
※自由獲得枠、希望入団枠含む

投手:伊藤智仁(花園-三菱自動車京都/1992年)
捕手:八重樫幸雄(仙台商/1969年)
一塁:村上 宗隆九州学院/2017年)
二塁:田中浩康(尽誠学園-早稲田大/2004年自由獲得枠)
三塁:長嶋一茂(立教-立教大/1987年)
遊撃:山田 哲人履正社/2010年)
外野:武内晋一(智辯和歌山-早稲田大/2005年希望入団枠)
外野:高井雄平(東北/2002年)
外野:広澤克実(小山-明治大/1984年)

(記事=勝田 聡)

関連記事
長岡秀樹、武岡龍世のヤクルトの高卒ショートのつばぜり合いに注目
奥川恭伸はどうなる? ヤクルト高卒投手たちの1年目
ヤクルト奥川恭伸にかかる高卒投手による久々の2桁勝利と規定到達

【関連記事】
明徳義塾&尽誠学園・甲子園交流試合での全力を誓う! 【ニュース - 高校野球関連】
七夕(7月7日)に起きた履正社若手コンビの活躍。寺島成輝はプロ初勝利、安田尚憲は今季初本塁打! 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1004回 今年も群雄割拠!!2020年の大阪の勢力図を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1091回 野球人生の分岐点は兄の直言があった。川野涼多(九州学院)が松井稼頭央二世と呼ばれるまで 【2019年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
東海大vs東北福祉大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
尽誠学園vs岡豊【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
村上 宗隆(九州学院) 【選手名鑑】
山田 哲人(履正社) 【選手名鑑】
九州学院 【高校別データ】
尽誠学園 【高校別データ】
仙台商 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
津久見 【高校別データ】
東京学館浦安 【高校別データ】
東北 【高校別データ】
東北学院榴ケ岡 【高校別データ】
東北生文大高 【高校別データ】
花園 【高校別データ】
花園 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
夢の舞台の裏側にもドラマがある。横浜隼人編 -- ゲーテWEBに『野球ノートに書いた甲子園FINAL』オリジナルコラム登場
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る