2年連続夏の甲子園ベスト16の高岡商は早大、桐蔭横浜大など進路は充実!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.15

早稲田大に進学した森田朝陽

 一昨年、昨年と夏の甲子園ベスト16入りを果たした高岡商。主力選手は強豪大でプレーすることが明らかとなっている。

1番センター・森田 朝陽(早稲田大)
2番サード・井林 泰雅(桐蔭横浜大)
3番キャッチャー・石黒 優希(桐蔭横浜大)
4番ライト・堀 裕貴(名城大)
投手 松代賢(北陸大)

 昨年、強力打線を誇った高岡商の主軸を担った1番~4番までが継続。いずれも強豪大学ばかりだ。この4人はスイングが鋭く、力任せのスイングをしない打撃フォームなのが魅力的。そして一定以上の守備力の高さがあり、大学では即戦力として活躍が期待できそうだ。

関連記事
中川卓也(大阪桐蔭-早大)の兄・中川優ら 2014年八戸学院光星ナインのその後は?
野村、菅野、相澤など3回甲子園出場を経験した山梨学院の主力選手たちの進路は充実!
岸潤一郎(埼玉西武)とプレーした2014年明徳義塾ナインのその後は?

【関連記事】
2年生エース・小島と安楽が対戦!2013年の選抜決勝戦を戦った浦和学院と済美ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
富山県伝統校のつばぜり合い 富山商と高岡商の過去10年間の直接対決を振り返る  【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第4回 時代の流れの中でも未だ衰えることなく健在の富山商vs高岡商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第1回 新時代の幕開けを予感させた鹿児島!2019年の3大高校野球ニュースを発表!【鹿児島の高校野球】
日本航空石川vs高岡商【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第16回 【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
履正社vs高岡商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
高岡商vs神村学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
高岡商vs石見智翠館【第101回全国高等学校野球選手権大会】
済美vs高岡商【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
森田 朝陽(高岡商) 【選手名鑑】
高岡商 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る