東京都高野連が夏を想定した暫定スケジュールを発表 今夏は東京ドームを使用せず

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.13

写真は昨秋の抽選会の様子から

 東京都高等学校野球連盟(東京都高野連)は13日、夏の第102回全国高校野球選手権東西・東京大会へ向けた暫定的なスケジュールをHPで発表した。

 6月20日に予定されていた抽選会は27日に変更し、主催者による代理抽選で行われ、「J:COM」で中継される。組み合わせ表と日時・場所は6月30日12時30分に東京都高野連HPで発表。

 6月21日の審判講習会と、27日の記録員・アナウンス研修会、7月4日の開会式は中止になり、主将会議も実施されない。開幕は7月11日に変更される。
 今夏は準決勝と決勝を東京ドームで行う予定だったが、東京五輪の延期により、今年度の使用を取りやめた。

 東京都高野連は、「新型コロナウイルス感染の影響によっては、各スケジュールの中止または変更も十分に考えられますのでご了承ください。未曾有の事態ゆえに加盟校の皆様には、いろいろとご迷惑をおかけいたしますが、引き続きよろしくお願い申し上げます」と説明している。

関連記事
秋の県大会準優勝・弘前東(青森)は、夏への迷いと戦いながら前へ進む
大学選手権の中止を受け、愛知大学野球の春季リーグ戦中止も決定
緊急事態宣言が出た時点で中止は覚悟していた…。東都大学野球連盟のマネージャーの反応

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る