夏の甲子園開催なら、沖縄大会は7月以降に日程を変更して開催

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.12

昨夏沖縄県覇者の沖縄尚学(*写真は春季大会より)

 沖縄県高等学校野球連盟(沖縄県高野連)は12日、第102回全国高校野球選手権沖縄大会を7月以降に【日程を変更する】と発表した。

 沖縄県高野連HPでの発表文によると、第102回全国高等学校野球選手権大会(全国大会)が開催される場合に沖縄大会を7月に実施する意向で、大会参加申し込み方法などの詳細は決まり次第連絡しますと記している。今夏の沖縄大会開幕予定は6月20日だった。

 例年の夏の沖縄大会は土日と祝日に開催し、平日は予備日とすることが多い。このため、開催できるとすれば、平日も使用した集中開催になる可能性がある。

 なお、沖縄の県立学校は今月20日まで臨時休校で、再開は21日の予定。再開後は当面の間は原則として分散登校とし、「部活動等は当面の期間、一切行わないこと」と通達されている。

関連記事
城東(徳島)の野球部訪問 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 
【動画】坂本勇人ら強打者を育て上げる伝道師・金沢 成奉監督。強打の神髄は『ラインバッティング』にあり
メッセージ動画で繋ぐ心のリレー。全員が一丸となって、萩商工は難局を乗り越える

【関連記事】
7月4日、沖縄独自大会開幕!興南、沖縄尚学、春4強の初戦の相手を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
明日7月4日から沖縄独自大会開幕!初日から興南、さらには昨秋の準優勝vsベスト4対決も! 【ニュース - 高校野球関連】
第82回 全国制覇経験のある興南と沖縄尚学の完全2強、中部商や美里工も台頭【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第96回 【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!【大会展望・総括コラム】

コメントを投稿する

前の記事:
秋季大会準優勝!宮崎・小林の地から甲子園目指す小林西の冬!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る