横浜隼人・水谷哲也監督は部員全員に電話する日を設定して意思疎通図る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.13

横浜隼人の水谷哲也監督は部員全員に電話する日を設定している

 今、こうして休校が続いている中での時間の過ごし方や心構えなどをメールで送っているというのは、横浜隼人の水谷哲也監督だ。さらには、メンタルトレーニングのコーチからの文章も送ったり、保護者達に対してのメール配信なども行っているという。

 「ウチは、普段から選手たちにも言っているんですけれども、勝った負けたというためだけに野球をやっているのではないんです。部活動として、野球をやることで人間として成長していくためにやっているということ。これは、方針ですから、こういう事態になったとしても、選手たちは、割と前向きにやっていっていると思います。今は各自が自主的な個人練習という形しか出来ていませんけれども、精神的には大丈夫でしょう」
 と言うくらいに信頼している。

 それでも、週に一度くらいに日にちを決めて、73人いるという2年生、3年生に全員に電話をして話をしているという。時間にして一人2~3分くらいかもしれないが、73人全員に電話するとなると、3~4時間くらいはかかってしまうであろう。しかし、それを当たり前と思ってやってしまうところに水谷監督の人柄が表れている。

 「誰かと話して、誰かとは話していないという不公平があってはいけませんから。とにかく全員と、今どうしているんだ、体調はどうだ、ということなどを話します。そのことで選手も安心するでしょうし、私も声を聞いて安心出来ます」

 そういう思いを常に持っているのが水谷監督である。こうした細かい気遣いや思いが、水谷監督が選手たちだけではなく、多くの高校野球指導者や野球関係者たちからも慕われていく要因でもあるのだ。
 横浜隼人の水谷哲也監督というと、高校野球関係者の間では有名人だ。北は北海道から南は九州、沖縄まで、全国いたるところでその名前聞く。甲子園出場実績は、筒香 嘉智選手のいた横浜に勝って果たした2009年夏のわずか一度だけなのだが、その知名度は全国区である。

 それは、さまざまなアイデアを駆使した練習法や“隼人式”と言われるグラウンド整備スタイル。そして、ソフトな関西訛りで聞く人を魅了していく話術などもある。だから、全国各地の指導者が、その指導法や精神などを学ぼうと訪れてくる。折しも、この時期は毎年沖縄勢や近畿勢などが多く訪れてくる時期である。もっとも、今年はそういったスケジュールもオールキャンセルになってしまった。

 「今年の代の子たちは、こうした今まで誰も経験したことのないことを経験しているわけです。だから、それはそれで、人生ということで言えば、必ず糧になっていくはずだ」

 そういう意識で、選手たちには声掛けをしている。
 「このまま大会がなくなったとしたら、試合に負けたのではなく、コロナに負けただけのことですから。だけど、それですべてが終わりではないんです。野球を継続するにせよ、しないにせよ、皆な次のステージがあるわけです。だから、次のステージで頑張れるための力にはしてほしい」
 そう願っている。

 とは言うものの、進路の問題はやはり一番頭の痛いところでもあるという。野球のスポーツ推薦で大学進学を希望する生徒にとっては、県大会ベスト4以上とか、それぞれの学校の基準があるのだが、今年はその物差しがないということになる。それはもちろん、社会人野球も同じで、数少ない社会人野球の枠にしたところで、採用基準となる大会がないのだからどうしようもない。

 実は、水谷監督の二人の息子が図らずも、その世代となっているのだ。横浜隼人の選手たちもそうだが、「この代の進路については特別の基準を作ってもらうしかないかない」というのも、本音かもしれない。水谷監督自身としても、覚悟としては「今の状況では、(夏の大会は)ないかも知れないと考えている」と言う。

 それでも、練習が再開すれば、選手たちは次のステージへ向けての準備は進めていくことになる。そうした前提で選手たちには、気持ちを作っていくことと、自分のバッティングフォーム、スローイングフォームはしっかりと確認しておくようにということは伝えている。また、組織プレーがやれていないので、再開した時にケガの心配もしている。それだけに、身体作りもケアも含めてしっかりと行っていくようにということはアドバイスしている。

 「6月から、休校が解けたとしても、すぐに元に戻るということは難しいでしょう。学校としては、最初は野球場含めて1時間くらいのグラウンド開放という形になるでしょうから、部活動としてきちんと動けるようになるのは、それからさらに1カ月くらいはかかるのではないかと思う」

 系列の中学と高校合わせて、同一キャンパス内に1500人前後の生徒が集まる横浜隼人。マンモス校だけに、通常に戻していくのは、時間がかかりそうだ。
 それでも、水谷監督自身も、現状を受け入れていかなくてはいけないのであろう。

 「今、こうして野球関係者と話しを出来ることだけが、唯一の楽しみですよ」
 そう言って笑い飛ばしていたが、その言葉を聞いている私の方もちょっと心が安らいだ。

関連記事
横浜、東海大相模だけじゃない!激戦・神奈川県の現在の第一勢力~第三勢力を紹介!
【高校野球 神奈川】6月6日の夏の抽選会を中止し、主催者による代理抽選に変更
スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など秋季神奈川大会8強の戦力を紹介!

【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
夏のベスト8を目標に掲げる和歌山・南部 主将が核となり各自での練習メニューに取り組む日々 【ニュース - 高校野球関連】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
第213回 【逸材レポート】佐藤一磨(横浜隼人)「急成長!春から最速7キロも速くなった大型左腕」【ドラフト特集コラム】
日大藤沢vs横浜隼人【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
横浜隼人vs大磯【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
立花学園vs横浜隼人【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜隼人vs日体大荏原vs加藤学園【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
横浜商vs横浜隼人【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
第392回 横浜隼人高等学校 高橋淳彦選手「中本牧シニア出身のスラッガーは宮里だけじゃない!」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
横浜隼人 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
習志野、拓大紅陵との延長戦制しベスト16へ!5回戦で銚子商と激突!【選手権千葉大会・19日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る