チームの主力を担える可能性を持った選手は?東海大、日体大など首都リーグ一部の期待の新入生15名を紹介

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.11

首都リーグ一部の期待の新入生15名を紹介

 東京六大学、東都大学野球連盟に並ぶ強豪大学リーグ・首都大学野球連盟。これまで各校の新入生を紹介してきたが、改めて期待の新人を紹介したい。一部はNPBも狙える逸材もいるだけに是非注目してほしい。


■帝京大
穴水 芳喜啓新
2019年センバツに出場した強肩強打の捕手。センバツでも強打を発揮し、評価をあげた。今年、大学に進んだ捕手の中でもトップレベルの力量を持った選手といっていいだろう。

中里 光貴仙台育英
強打の仙台育英を牽引した巧打の二塁手。昨年の甲子園では二桁安打を記録。その打撃技術の高さは大きな強みとなるだろう。

■東海大
東海林 航介星稜)下級生のときから奥川 恭伸(東京ヤクルト)、山瀬 慎之助(巨人)とともに活躍を見せてきた俊足堅守のセンター。最終学年にかけて長打力もつけ、石川大会決勝では試合を決める満塁本塁打を放つなど勝負強さを出てきた。

後藤 丈海八戸学院光星
昨春の選抜でも活躍。最速142キロながら、スライダーの投げ分けの揺さぶりが非常にうまく、クイック、牽制も抜群に上手い。技術の高さは即戦力クラス。あとは怪我に気をつけ、出力を高めていけば、ハイレベルな東海大投手陣に割って入る存在になることは間違いない。

成瀬 脩人東海大菅生
 東海系列校の新入生の中では潜在能力、技術の高さはトップレベル。軽やかなフットワークを生かした遊撃守備、そして2018年冬に東京代表に選ばれ、キューバ遠征を経験し、木製バットでも快音を響かせたように、現時点で活躍をイメージしやすいプレイヤー。

■筑波大
村上 滉典(今治西)
昨春の四国大会にも出場した愛媛県屈指の左腕。140キロ前後の速球を投げるだけではなく、打者としても才能が高い。

大高 正寛星稜
夏にかけて急激に力をつけてきた右のスラッガー。昨夏の甲子園の仙台育英戦で本塁打を放つ活躍を見せた。

成沢 巧馬東邦
センバツ優勝に貢献した好捕手。2年秋は5番を打つなどパンチ力のある打撃と1.9秒台の強肩、投手の持ち味を引き出すリード、キャッチングもレベルが高い。

   ■桜美林大
平泉 遼馬関東一
2年秋から本格稼働して、41本塁打まで積み重ねたスラッガー。大学では日本代表に選出されるスラッガーになることを期待したい。

鈴木 千寿仙台育英
右オーバーから140キロ中盤の速球は威力抜群。昨夏の甲子園でも登板を果たした。大学4年間でどこまでパワーアップできるか?

赤坂 諒上野学園
昨夏ベスト4に導いた大型右腕。186センチ80キロと恵まれた体格から最速151キロ、鋭く落ちるスライダーを得意とする投手だ。素材としては高卒プロを狙えた投手。この4年間で、目玉投手になれる成長を期待したい。

■日体大
山田 紘太郎西尾東
甲子園出場はないものの、愛知県内ではトップレベルの本格派右腕として騒がれ、2年秋はベスト4。140キロ中盤の速球とキレのあるスライダーが絶品。投手王国・日体大でどれだけ進化できるか注目です。

松浦 佑星富島
昨夏の甲子園ではファインプレーを連発し、ファンを沸かせた松浦。シャープなスイング、アグレッシブな守備力、俊足とすべてにおいて高水準。投手のプロ輩出が多い日体大だが、野手としてプロを狙える選手が入学したのではないだろうか。

■武蔵大
横田修大(山村学園
昨春関東大会4強、昨夏準優勝の山村学園を影で支えた好遊撃手だ。巧みなバットコントロール、確実性の高い守備が魅力。

黒田 将希八王子
守備力重視の八王子でも大きな信頼を寄せられていたショートストップ。流れるような動きから次々とアウトを演出する。

【関連記事】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
日大鶴ヶ丘vs東海大高輪台【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs目黒日大【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
智辯和歌山vs東海大仰星【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
東海大高輪台vs実践学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
国立の雄・筑波大は37名が入部。甲子園常連高や伝統公立校の逸材が続々加入 【ニュース - 高校野球関連】
森下暢仁が圧巻の投球! 昨年の大学選手権に出場しドラフト指名されたのは? 【ニュース - 高校野球関連】
第1033回 2011年夏の甲子園で選手宣誓!元金沢主将の石田翔太さんが振り返る甲子園 【2019年インタビュー】
第57回 「考える野球」の土台は日常生活の中で作られる 杉山繁俊監督(東海大福岡)【後編】【名将たちの言葉】
第56回 柔軟で緻密、そして「考える」ことこそが杉山野球の真髄 杉山繁俊監督(東海大福岡)【前編】【名将たちの言葉】
第96回 東海大学編「菅野智之によって切り開かれた縦縞の黄金期」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第965回 首都の堅守・強肩捕手!打撃を磨き、目指すはプロ入り! 海野隆司(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第964回 今秋ドラフト候補!二塁送球タイム最速1.72秒の強肩の持ち主・海野隆司(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
第96回 東海大学編「原貢氏によって築かれた『首都の盟主』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第622回 キーワードは「配球を読む力」 東海大福岡(福岡)に今なお息づく原貢氏の野球観【前編】【野球部訪問】
第954回 追い求めないことにより自然と出た151キロ 全てをぶつけて日本一を掴む!原田泰成(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第954回 全ての練習をピッチングに繋げる!151キロ右腕が辿ったエースへの道のり 原田泰成(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
筑波大附 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
東海大三 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
東海大星翔 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大五 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大一 【高校別データ】
東海大二 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
れいめい・川内が準決勝へ!準々決勝2試合を徹底レポート!【NHK旗鹿児島県大会】
次の記事:
伊藤大海に今川優馬ら北海道出身者が5人!河村が白樺学園から初のドラフト指名
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る