「効率性あふれる練習」と「冬の収穫」を活かして。昨秋四国大会8強の城東(徳島) 「自主性」の特性活かし前向きに

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.08

城東(徳島)*写真は2020年1月の野球部訪問時

 昨秋は徳島県大会3位・四国大会でも最速147キロ右腕・内田 悠太(3年)擁する大手前高松(香川)を攻略し1勝をマーク。センバツ21世紀枠四国地区候補校に選出された県立城東(徳島)。21世紀枠選出につながったチームコンセプトは以前に「野球部訪問」で紹介させて頂いたが、新型コロナウイルス感染拡大防止による休校・部活動休止中の現在、チームはいったいどのような状況にあるのだろうか?

 「今はやれることをしていくしかないですね」電話口から聞こえてくる鎌田 啓幸監督の声はそれでも、落ち込んだ様子はない。その根拠は進学校・城東ならではの特性。「効率性あふれる練習」と「冬の収穫」である。

 「選手たちはこの冬、21世紀枠四国地区候補校に選ばれたことで甲子園を意識して質の高い練習に取り組んでくれていました。そして城東は平日でも練習時間は20時完全下校で2時間くらい。短い時間で集中するのは慣れています。ですので、自主練習に入っても選手たちは比較的コンディションを保てると思います」

 事実、休校前に選手たちのメニューをとりまとめる西田 琢真(3年・右翼手)からは「任せてください!」というメールが入ったと話す鎌田監督。たとえ休校が明けたとしても、しばらくは部活動時間も制限されることが予想される中、城東は「常に自主性を求めてきた」スタイルを長所に変え、前向きに夏の頂点めがけて走り続ける。

(取材=寺下 友徳

関連記事
城東(徳島)の野球部訪問 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 
【動画】坂本勇人ら強打者を育て上げる伝道師・金沢 成奉監督。強打の神髄は『ラインバッティング』にあり
メッセージ動画で繋ぐ心のリレー。全員が一丸となって、萩商工は難局を乗り越える

【関連記事】
阿南光vs池田【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
名西vs富岡西【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
鳴門vs徳島商【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
都立日野vs都立城東【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
鳴門vs徳島商【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
【四国】藤井が昨秋県4強の四学大香川西を撃破!<26日の結果> 【ニュース - 高校野球関連】
【四国】高知中央、英明らが勝利!高知は8強で揃う<25日の結果> 【ニュース - 高校野球関連】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第5回 覚醒間近!2020春に推したい四国の4名それぞれの魅力はどこにあるのか【センバツ2020】
第1008回 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 県立城東(徳島)【野球部訪問】
第998回 21世紀枠候補校9校で注目すべき逸材10名たち!【大会展望・総括コラム】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
四国発
池田 【高校別データ】
海南 【高校別データ】
城西 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城ノ内 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
徳島工 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
徳島東工 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
過去5年間で即戦力は甲斐野央のみ…4人は一軍出場なし【ドラ1選手のルーキーイヤー】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る