岸潤一郎(埼玉西武)とプレーした2014年明徳義塾ナインのその後は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.09

長崎がんばらんば国体2014を優勝した明徳義塾ナイン

 今春の選抜大会が開催中止となり、高校球児だけでなく、高校野球ファンものショックは大きかったのではないか。そこで、これまで甲子園を盛り上げたチームの選手のその後を紹介していきたい。

 2014年夏、1年夏から4度の甲子園を経験した岸 潤一郎を擁した明徳義塾は2回戦でこの年優勝を果たした大阪桐蔭と対戦する。4点ビハインドで迎えた9回裏二死からの岸の2ラン本塁打は強烈な印象を与えた。

 今回は、2014年の明徳義塾のベンチ入りメンバーのその後を紹介していきたい。

【2014年明徳義塾メンバーと進路】
◎は主将

1 ◎岸 潤一郎(拓殖大中退-徳島インディゴソックス-埼玉西武)
2  水野 克哉(中部大-伏木海陸運送)
3  西岡 創太(城西国際大)
4 森 奨真(近畿大)
5 大西 主将(星槎道都大)
6 安田 孝之(大阪学院大)
7 尾﨑 湧斗(天理大)
8 大谷 勇希(横浜商科大-鹿児島ドリームウェーブ)
9 高野 航平(京都産業大)
10 棈木 裕亮(ノースアジア大-オールフロンティア)
11 田中 秀政(天理大-ミキハウス)
12 名村 翼(関西国際大)
13 新谷 大樹(桜美林大)
14 真田 一斗(日本大-四国銀行)
15 平石 好伸(東京国際大)
16 國光 瑛人(福井工業大学)
17 高村 和志(神戸学院大)
18 多田 桐吾(関西大-日本生命)

 4度甲子園の土を踏み、2回戦の大阪桐蔭戦で9回二死からツーラン本塁打を放つなど強烈な印象を残した岸 潤一郎は拓殖大に進学するも、ケガなどから中退する。その後徳島インディゴソックスに入団し、2018年シーズンは38盗塁を記録して最多盗塁のタイトルを獲得。昨年のドラフトで埼玉西武から8位指名を受けプロの道に進む。

多田 桐吾は関西大を経て社会人の強豪・日本生命に進む。入部1年目はら都市対抗に出場し、日本選手権では1番・二塁としてチームを牽引し、決勝進出に貢献した。

 岸とバッテリーを組んだ水野 克哉は中部大に進学。在学中、愛知県大学野球選抜を2度経験。1年目の昨シーズンは、伏木海陸運送では1年目から北陸三県社会人選抜に選出された。

 岸とともに高校日本代表に選ばれた堅守の遊撃手・安田 孝之は大阪学院大に進み、大学野球で現役を終えている。

 1回戦・智弁学園戦で代打3ラン本塁打を放った田中 秀政は天理大に進学。4番として4年春にはリーグ新記録となる18打点を記録した。卒業後はミキハウスに進んだ。

関連記事
エース・今井、好打者・長野など2014年の夏を盛り上げた三重高校準優勝メンバーのその後
堂林や磯村ら 2009年中京大中京の全国制覇メンバーたちのその後
横尾、高山など2011年甲子園優勝・日大三ナインの現在地

【関連記事】
高知県の組み合わせが決定 明徳義塾や秋の王者・高知中央の初戦は? 【ニュース - 高校野球関連】
「甲子園の申し子」岸が初出場!2012年4強入りを果たした明徳義塾ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第6回 初戦突破率87%!四国を代表する名門・明徳義塾の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
岸 潤一郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る