【5月5日回顧録】横山陸人(専大松戸)の快投で関東大会出場を呼び込む!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.05

当時2年生の横山陸人

 5月5日の思い出深い試合や名試合をプレーバック。今回は2018年5月5日、千葉県野球場での準々決勝で流通経済大柏を下した専大松戸の当時2年生だった横山 陸人を取り上げていきたい。

 この年は4番にスラッガー・今里 凌(現・専修大)を据えた強力打線が武器であったが、春の地区予選から持丸監督自身も投手陣に課題を上げていた。そこに現れたのが当時2年生の横山だった。

 流通経済大柏戦では先発して2失点完投の好投で2年連続の関東大会へ導いた。そこで驚きだったのは投球フォームの変更。現在はサイドスローのイメージが強いが、2018年の春の地区予選まではアンダースローだった。



横山陸人の投球フォームの変化 ※左が2018年春の県大会、右が2018年春の地区予選時の投球フォーム

 しかし県大会からサイドスローを披露し、110キロ台だった平均球速が130キロ~136キロと、平均球速が15キロ~20キロ以上もアップする急成長ぶりを見せるピッチング。一躍、千葉県屈指の好右腕として注目を浴びるようになった。

 その後、3年生の春にはエースとして3年連続の関東大会出場に貢献して、初戦の健大高崎で好投して実力を示した。夏は4回戦で姿を消したが、最速148キロを計測する速球に切れ味鋭いスライダーと、高いポテンシャルを発揮。昨秋のドラフトで千葉ロッテから4位指名を受けてプロの世界へ飛び込んだ。

 戦国千葉に彗星のごとく現れた横山。それが2年前の2018年5月5日だった。

(文=編集部)


関連記事
徳島県総体協賛ブロック大会中止 2020年の公式大会なしで四国は夏突入へ
長崎はNHK杯も中止が決定。夏の大会は7月9日開幕予定
大学野球も新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期・無観客試合が集中。全国26連盟の動向は?

【関連記事】
佐々木朗希、藤原恭大…目玉を獲得したロッテは意外にも高卒指名が少ない!? 【ニュース - 高校野球関連】
ドラフト7位でも侮れない!なぜ東北楽天・水上桂(明石商)はどのチームでも首脳陣に信頼されるのか? 【ニュース - 高校野球関連】
第77回 千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)の恩師が語る。鳥谷が超一流へ到達できた理由【恩師が語るヒーローの高校時代】
第233回 実力派左腕カルテットや地方に潜む速球派右腕など今年の高校生投手は粒揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第215回 【逸材レポート】横山陸人(専大松戸)「貫き続けたストレートのレベルアップ。だからこそ今の立ち位置がある」【ドラフト特集コラム】
第937回 令和最初の戦国千葉を制するのは?専大松戸、佐倉ブロックが熾烈!【前編】【大会展望・総括コラム】
第186回 大谷世代の社会人がいよいよプロへ!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち【ドラフト特集コラム】
第285回 小坂 誠 ファーム内野守備コーチ(北海道日本ハムファイターズ)【後編】「守備の名手しか分からないプレッシャー」 【2015年インタビュー】
第284回 小坂 誠 ファーム内野守備コーチ(北海道日本ハムファイターズ) 【前編】「名手・小坂を生み出したバックグラウンド」 【2015年インタビュー】
第247回 バトルスタディーズ開幕記念! 今江 敏晃選手(千葉ロッテマリーンズ)×なきぼくろ先生【PL学園 先輩 後輩 対談】 【2015年インタビュー】
第98回 千葉ロッテマリーンズ 唐川侑己選手 【2012年インタビュー】
第71回 千葉ロッテマリーンズ 大嶺祐太選手 【2011年インタビュー】
横山 陸人(専大松戸) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
バットのヘッドが遠回りしてしまう理由 殖栗トレーナーのバッティング理論vol.15
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る