高校通算56本塁打の主砲擁する早大学院。連休明けからオンライン授業がスタートも…

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.05

薗部将大(早大学院)*昨年秋季大会帝京戦より

 「いい選手も入ってきてくれていて、成長してきたんですけれども、それを見てもらう場がないものだから、困ってしまいますよ。今は、まったく自主トレレベルのことしかやれていません。学校としては、5月連休明けからはオンライン授業が始まるのですけれども、このことで部活動としてはますます活動が出来ない状況になっていくでしょうね」
 そう嘆いているのは早稲田大学高等学院(通称早大学院)の木田茂監督だ。

 早大学院としても学業評価はもちろんのことだが、それだけではなくリーダーシップを発揮できる、秀でた特技を有しているという人物評価などで100人までの自己推薦での相対評価制度も設けられた。そして、その選手たちが成長してきていよいよ迎える今春の大会という意気込みだった。それだけに、残念さは一入だ。

「実は、(早稲田大へ行かないで)そのまま、プロへ行きたいという希望をしている選手もいるくらいなんですよ」

 ということだが、主将となっている薗部将大君は、通算も56本塁打を放っているという長距離砲である。早大学院としては1958(昭和33)年に早稲田大を経て中日入りした大先輩の森徹選手以来のスラッガーと言っても過言ではない逸材であろうか。都内でもトップレベルの入試最難関校と言われている早大学院である。そのほとんどはそのまま早稲田大へ進学していくのだが、早稲田大の直系付属校としての誇りは高い。ただ、これまでは中学での野球の実績などはほとんど考慮されなかった。

 それがリーダーシップを発揮出来るなどのことも考慮してわずかながら、入学可能な幅が出来て、そのことで寮を確保して寮生も何人か抱えるようにはなった。こうして、チームそのものに厚みが出来ていったことで、木田監督としても手ごたえを感じていたところだった。それだけに、今回の対外試合が出来ないという状況はもどかしくて、歯がゆくて仕方がないというのが本音のようだ。

「早稲田の場合、大学の対応が早く、六大学でも一番早く春のキャンプを打ち出しましたよね。そんなこともありますから、直系付属校としてもそれに従わなくてはいけませんから。大学が練習しないので安部球場が空いているから使わせてくださいなんていうことは、冗談でも口に出来ませんよ。3月からは紅白戦も何もやれていないし、オンライン授業が進んでいくとなると、日程的には8月末に試験ということになります。そうすると、実質、野球もそんなにやれないということになってしまいます」

 現状の中では、大会があるかもしれないという考え方と、なくなったとしてどういう対応をしていくのかということを2本立てで考えているという。そして、もし大会がやれないということになった場合は、3年生たちにどこかで「WASEDA」のユニフォームを着させてあげ、試合をさせてあげたいという思いはやはり強く持っている。

 しかも、今年から大学の小宮山悟監督からの指示もあって、ユニフォームの地の色なども大学のものと同じにして文字通り早稲田大の高校版としたという。ただそのユニフォームにまだ袖を通せていない。そのユニフォームで試合が出来ていないということは残念である。

 学校としては、6月から対面授業が可能となれば、そこからは徐々に部活動も再開していこうということになっていくのだが、現状では、今のところ何もわからないという。

「部活動も学校教育の一つという考え方で行くと、オンライン授業をやれているからそれでいいということはありません。都会の子と、寮生で田舎に帰っている子とでは環境も異なります。何とか普通の状況に早く戻ってほしいと思っている」
 正直な気持ちであろう。

(取材=手束 仁


関連記事
徳島県総体協賛ブロック大会中止 2020年の公式大会なしで四国は夏突入へ
長崎はNHK杯も中止が決定。夏の大会は7月9日開幕予定
大学野球も新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期・無観客試合が集中。全国26連盟の動向は?

【関連記事】
都立城東vs明学東村山【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日本学園vs東亜学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日本ウェルネスvs都立日野【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
帝京vs早大学院【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
帝京が8回コールドで2回戦を突破!早大学院を撃破で春のシード権は確保 【ニュース - 高校野球関連】
関東、九州で選抜出場が有力となったのは?22日は東京大会12試合が開催! 【ニュース - 高校野球関連】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
帝京vs早大学院【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第5回 早稲田実業と早大学院のユニフォームの違いってどこ?大学系列校のユニフォームトリビア!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第768回 経験者が残る日大三、二松学舎大附ともに秋は実力校と対戦!都大会出場を巡り各ブロックで好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
第385回 早稲田大学高等学院 柴田迅選手「負けても淡々と。柴田が見せたクレバーな一面」 【2016年インタビュー】
早大学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
夏の甲子園開催なら、沖縄大会は7月以降に日程を変更して開催
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る