• トップ
  • ニュース
  • 高校野球関連
  • 落合秀市、坪井悠太の大物右腕が独立リーグへ。時代の変化を感じた北信越・東海・近畿地方の指名漏れ選手の進路

落合秀市、坪井悠太の大物右腕が独立リーグへ。時代の変化を感じた北信越・東海・近畿地方の指名漏れ選手の進路

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.01

高校時代の落合秀市

 昨年、高校生のプロ志望者は<NPBドラフト対象者>と<NPBドラフト対象外>をあわせて153名。残念ながら指名漏れとなってしまった選手もいるが、それでも卒業後、強豪大、独立リーグで続ける選手も多い。今回は北信越・東海・近畿地方の進路を紹介したい。

大橋 輝一北越-新潟アルビレックス)
相葉 拓夢中越-栃木ゴールデンブレーブス)
菅井 道中越-新潟医療福祉大)
田村 颯瀬東京学館新潟-新潟アルビレックス)
堀 裕貴高岡商-名城大)
重吉 翼日本航空石川-国士舘大)
早瀬 翔馬未来富山-富山GRNサンダーバーズ)
栗田 和斗知徳-駒澤大)
塩崎 栄多(浜松工-名城大)
赤塚 健利中京学院大中京-中京学院大)
奥田 域太菰野-星城大)
フェントン・ライアン光泉ー京都先端科学大)
吉田 力聖光泉-神戸ビルダーズ)
福山 智己北大津-愛媛マンダリンパイレーツ)
林 優樹近江-西濃運輸)
山本 仁京都翔英-神戸ビルダーズ)
落合 秀市和歌山東-兵庫ブルーサンダーズ)
坪井 悠太大阪偕星学園-徳島インディゴソックス)
竹内 航大大阪偕星学園-上武大)
関 アンディ箕面東-兵庫ブルーサンダーズ)
山河 楓神戸弘陵-新潟アルビレックス)

 上位指名と噂された大型右腕・落合 秀市は指名漏れとなったが、兵庫ブルーサンダーズへ進むこととなった。また同じく大阪では身体能力抜群で、ポテンシャル自体はNPBに指名された選手と変わらないレベルにある坪井悠太は徳島インディゴソックスへ。徳島インディゴソックスは年々、加入選手のレベルが高まっている。

 こうした大物が独立リーグに進むことになったのは時代が変わったといえる。

関連記事
夏の甲子園優勝の履正社のレギュラーの全員が硬式野球継続!名門大学・強豪社会人でプレー!
石川、熊田などセンバツ優勝の東邦のレギュラーは全員硬式野球継続!進路一覧
履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開

【関連記事】
【ドラフトニュース】健大高崎の3本柱、ドラ1候補の153キロ右腕など17名が新たに提出!! 【ニュース - 高校野球関連】
【ドラフトニュース】146キロ右腕・シャピロマシュー一郎(国学院栃木)など3名が新たに提出!! 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

次の記事:
近江が夏3連覇へ王手をかける!13日に行われた試合を徹底レポート!【滋賀】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る