オホーツクの強豪・遠軽はドラフト候補擁し、再開の時を待つ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.25

市川 竜輝(遠軽)

 北北海道の実力校・遠軽も活動自粛の日々を過ごしている。

 2月下旬に、全国に小中高へ休校申請が行われ、北海道は3月の段階で週末は外出自粛。遠軽は4月の入学式まで活動自粛となった。

 遠軽は遠方からの進学希望の生徒を受け入れており、野球部以外の生徒も下宿している。この期間、地元に戻るかは選択を委ねたが、感染者が多い札幌出身の選手は遠軽町の下宿所に残すなど、感染対策を行ってきた。

 練習再開後も短時間の練習を行い、消毒用の液体を購入するなど、チーム独自で感染対策を行いながら、練習を進めてきたが、全国に緊急事態宣言が拡大され、再びチームの活動は自粛となり、連休明けまで休校となった。

 非常に我慢を強いられる毎日を過ごしているが、遠軽は今年も期待の逸材がいることを紹介したい。

 昨年、投手で最速146キロと多彩な変化球を投げ、捕手としても1.8秒台の強肩を誇る捕手・浅野 駿吾は東北福祉大へ。浅野は投手の能力が買われ、大学入学後は投手として登録されている。

 そして今年もスカウトから注目されているのが、市川 竜輝(3年)だ。168センチ67キロと小柄だが、投げては140キロを投げ込む強肩を持ち、そしてパンチ力十分の打撃、スピーディな守備が評価され、プロのスカウトから注目される期待株。北海道の社会人野球チームの練習にも参加し、実力を磨いている。

 是非夏の大会が開催され、クローズアップされることを願いたい。

(記事:河嶋 宗一

関連記事
山形城北(山形)「泥臭いプレーでお互いを認め合い、支え合い、高め合うチームに」
甲子園出場の智弁学園OBがオープン戦で躍動!大商大がリーグ3連覇へ、新チームから大学生相手に無敗記録継続中!
巨人4番岡本和真を筆頭に、社会人野球継続4名。2014年智弁学園の甲子園メンバーはエリート揃いだった!

【関連記事】
都市部よりも地方勢の方がやはり有利?21世紀枠代表選出の裏側 【ニュース - コラム】
第1000回 21世紀枠代表は都市部よりも地方勢の方がやはり有利【センバツ2020】
この夏注目のドラフト候補野手をポジション別に紹介! 【ニュース - コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第105回 9人いるからこその個性で全力サポート!遠軽(北海道)頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第968回 狙うは北海道ナンバーワン捕手の座! 浅野駿吾(遠軽)【後編】 【2019年インタビュー】
第953回 北北海道注目の強肩捕手・浅野駿吾(遠軽)!2年の経験はすべてが糧になった【前編】 【2019年インタビュー】
第616回 見逃せない遠軽町の助成事業。目指すは町民の心を熱くするチームへ 遠軽(北海道)【後編】【野球部訪問】
第615回 遠軽(北海道)が一体感のある戦闘集団になるまで【前編】【野球部訪問】
遠軽vs網走南ヶ丘【北海道 第58回 春季北海道高等学校野球大会 北見支部予選】
札幌第一vs遠軽【北海道 2016年秋の大会 第69回秋季北海道高校野球大会】
遠軽vs札幌清田【北海道 2016年秋の大会 第69回秋季北海道高校野球大会】
大阪桐蔭vs遠軽【2013年春の大会 第85回記念選抜高校野球大会】
遠軽vsいわき海星【2013年春の大会 第85回記念選抜高校野球大会】
遠軽 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
完封&満塁弾。根尾の大活躍で大阪桐蔭が優勝!決勝戦を徹底レポート!【春季大阪府大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る