中日は石川 昂弥東邦/2019年)、根尾 昂大阪桐蔭/2018年)と2年連続で高校生の超有望株をドラフト1位で指名。複数球団との競合の末に交渉権獲得に至った。一軍のレギュラーとなるまでには少し時間を要するだろうが、将来の中心となるべく現在はトレーニングに汗を流している。

 そんな中日の若手選手では、高卒の目玉選手の獲得に注目が集まるが、それ以外にも高卒の有望株は多い。ドラフト会議の結果をみても、3年連続で高卒選手の指名が半数を超えている。2012年の2位を最後にAクラスから遠ざかっていたことの影響なのか即戦力重視の指名が続いていたが、2017年から高卒主体に切り替わったのである。

 まず2017年は1位こそ鈴木 博志磐田東-ヤマハ)だったが、2位から6位までの5人はすべて高卒の選手。なかでも山本 拓実市立西宮/6位)は、昨年早くも3勝を挙げ今シーズンも先発ローテーションを争う存在にまで成長した。

 根尾が注目された2018年組では石橋 康太関東一/4位)が捕手というむずかしいポジションながら、1年目から14試合に出場した。正捕手が定まっていないチーム状況もあるが期待の現れだろう。

 昨年のドラフトで入団した選手たちも順調だ。石川と岡林 勇希菰野/5位)はすでに一軍の練習試合に出場している。安打こそ出なかったものの、この時期に練習試合とはいえ、一軍の試合に出場した経験は今後に生きてくるはずだ。

 分離ドラフトが終了した2008年以降で、高卒選手の指名が半数以上を占めたのはここ3年をのぞくと2008年と2011年の2回ある。

 その指名選手を振り返ってみると、2011年は1位指名の高橋 周平東海大甲府)が主力に成長した。今や欠かせない存在としてチームを引っ張っているのは誰もが認めるところだろう。しかし、それ以外の選手は思うような結果を残せていない。

 一方の2008年は小熊 凌祐近江/2008年6位)が、通算12勝を挙げているのが目立つ程度。その他の選手はすでにチームから去っている。

 ここ3年で入団した高卒の選手たちが、高橋のようにチームを担う存在へと成長したときにチームが掲げる「昇竜復活」が現実のものとなる。

【中日の高校生指名が半数以上だったドラフト】
※2008年以降
※育成はのぞく

<2019年/6名中3名>
1位:石川 昂弥東邦
2位:橋本 侑樹大垣日大-大商大)
3位:岡野 祐一郎聖光学院-東芝)
4位:郡司 裕也仙台育英-慶応大)
5位:岡林 勇希菰野
6位:竹内 龍臣札幌創成

<2018年/6名中3名>
1位:根尾 昂大阪桐蔭
2位:梅津 晃大仙台育英-東洋大)
3位:勝野 昌慶土岐商-三菱重工名古屋)
4位:石橋 康太関東一
5位:垣越 建伸山梨学院
6位:滝野 要大垣日大-大商大)

<2017年6名中5名>
1位:鈴木 博志磐田東-ヤマハ)
2位:石川 翔青藍泰斗
3位:髙松 渡滝川第二
4位:清水 達也花咲徳栄
5位:伊藤 康祐中京大中京
6位:山本 拓実市立西宮

<2011年/6名中3名>
1位:高橋 周平東海大甲府
2位:西川 健太郎星稜
3位:田島慎二(中部大一-東海学園大)
4位:辻孟彦(京都外大西-日体大)
5位:川崎 貴弘津東
6位:宋相勲(韓国・信一)

<2008年/7名中4名>
1位:野本圭(岡山南-日本通運)
2位:伊藤 準規岐阜城北
3位:岩崎 恭平東海大相模-東海大)
4位:高島 祥平帝京
5位:岩田 慎司東邦-明大)
6位:小熊 凌祐近江
7位:井藤 真吾中京大中京

(記事:勝田 聡)