ヤクルトは半数以上が高校生指名だと当たりドラフト 奥川、長岡、武岡もジンクスにあやかるか?!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.09

2019年ドラフト1位の奥川恭伸(写真は星稜時代)

 ヤクルトは昨年のドラフト会議で目玉のひとりである奥川 恭伸星稜)に入札。3球団競合の末に、交渉権を確定させた。一時期はノースロー調整となっていたが、現在はブルペン投球も行っている。

 奥川一色だった昨年のドラフト指名選手だが、5位と6位で同じ高校生の選手を指名している。長岡 秀樹八千代松陰)と武岡 龍世八戸学院光星)である。

 2位から4位までは大学生の即戦力となりうる投手を指名したが、下位では将来への布石を打っていた。チームは最下位だったが、ドラフト指名選手の半数を高校生が占めたわけだ。

 ヤクルトのドラフトを振り返ってみると、分離ドラフトが終わった2008年以降で指名選手の半数以上が高校生だったのは今回が4度目。過去、高校生の指名が半数以上を占めたドラフトを振り返るといずれもチームの中心選手が誕生している。

 2008年は赤川 克紀宮崎商/1位)は長く活躍をすることはできなかったものの、2011年に6勝、2012年に8勝を挙げた。八木 亮祐享栄/2位)も2013年に規定投球回に到達。その後、トレードで退団となったが、替わりにやってきた近藤一樹はいまやチームに欠かせない中継ぎエースとなっている。中村 悠平(福井商/3位)はチームの正捕手へと育った。

 2010年は山田 哲人履正社/1位)が球界を代表する選手となったのは周知の事実。この山田だけでも大成功だが、西田 明央北照/3位)も捕手・一塁をこなすサブとして地味ながら戦力となった。

 今から5年前となる2015年は廣岡 大志智辯学園/2位)が遊撃のポジションを争うまでに成長し、昨シーズンは2桁本塁打も記録した。高橋 奎二龍谷大平安/3位)も一軍デビューまでに時間はかかったものの、今シーズンは先発ローテーションに入る勢いだ。

 このように高校生が半分以上を占めたドラフト会議で指名された高校生たちは、数年の時を経てチームの主力へと成長しているのである。それもひとりではなく、複数の選手が戦力となっているのは明るい材料だ。

 もちろん指名が多いことで活躍する選手が多くなるのは当然だが、毎回複数人が結果を残しているのは心強い。

 昨年のドラフトで入団した奥川、長岡、武岡もジンクスにあやかることができるだろうか。

【ヤクルトの高校生指名が半数以上だったドラフト】
※2008年以降
※育成はのぞく

<2019年/6名中3名>
1位:奥川 恭伸星稜
2位:吉田 大喜(日体大)
3位:杉山 晃基(創価大)
4位:大西 広樹(大商大)
5位:長岡 秀樹八千代松陰
6位:武岡 龍世八戸学院光星

<2015年/6名中4名>
1位:原 樹理(東洋大)
2位:廣岡 大志智辯学園
3位:高橋 奎二龍谷大平安
4位:日隈 ジュリアス高知中央
5位:山崎晃大朗(日大高
6位:渡辺 大樹専大松戸

<2010年/6名中3名>
1位:山田 哲人(履正社)
2位:七條祐樹(伯和ビクトリーズ)
3位:西田 明央(北照)
4位:又野 知弥(北照)
5位:久古 健太郎(日本製紙石巻)
6位:川崎成晃(熊本Gクラークス)

<2008年/5名中4名>
1位:赤川 克紀宮崎商
2位:八木 亮祐享栄
3位:中村 悠平福井商
4位:日高 亮日本文理大附
5位:新田玄気(パナソニック)

(記事:勝田 聡)

【関連記事】
まさに異次元!村上宗隆(九州学院出身)が練習試合初戦で逆方向へ本塁打! 【ニュース - 高校野球関連】
西武・川越は打率5割、2011年春の甲子園に出場した選手は誰がいる? 【ニュース - 高校野球関連】
第113回 待ってろNPB!指名漏れからリスタートを誓う17名の逸材たち【高校野球コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
館山昌平、復活への道
大西 広樹(大阪商業大高) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
杉山 晃基(盛岡大附) 【選手名鑑】
武岡 龍世(八戸学院光星) 【選手名鑑】
長岡 秀樹(八千代松陰) 【選手名鑑】
吉田 大喜(大冠) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
「努力した成果を示す場を何とか作ってあげたい」狭山清陵・遠山巧監督
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る