香川県高野連・春の県大会を無念の中止発表、招待試合も中止濃厚

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.07

昨春の県大会で優勝した香川西

 4月6日(月)、香川県高等学校野球連盟は新型コロナウイルスの感染防止のため、すでに中止となった「第73回春季四国地区高等学校野球香川県大会」に代わり4月18日(土)開催を目指し準備していた県高野連主催の春季県大会開催中止を発表。小野 裕作・香川県高等学校野球連盟理事長は「高校野球ドットコム」の独占電話取材に応じ「いろいろと策は練ってきたが、致し方なかった」と無念の決断に至ったことを説明した。

 県高野連主催の春の県大会においては、藤井学園寒川では4月1日より代行監督だった太田 弘昭氏(元:京都翔英<京都>監督・同日から高知中央<高知>野球部・部長に就任)が退き、昨夏まで英明を率いていた香川 智彦氏が26年ぶりに同校監督に復帰。コーチとして帝京第五部長だった髙谷 学氏が就任。また、尽誠学園には前・藤井監督の青山 剛氏がコーチに就任。

 このように話題性に富む部分もあったが、指揮官・コーチたちの公式戦デビューは、高松市立屋島中で中学通算55発を放った侍ジャパンU-15代表・浅野 翔吾高松商1年・右投右打・172センチ83キロ・外野手兼捕手)らの新入生たちと共に夏以降へ持ち越しとなっている。

 なお、例年春の県大会順位で決定していた夏の第102回全国高等学校野球選手権香川大会のシードは大会運営委員会を承認を経て昨秋の県大会でベスト4入りした尽誠学園大手前高松英明四学大香川西の順で決することになりそうだ。

【次のページ】 招待試合開催は厳しい状況 感染対策を徹底した上で交流試合検討も


【関連記事】
各都道府県の学校再開、夏の代替大会開幕予定一覧リスト(5月26日更新) 【ニュース - 高校野球関連】
各都道府県の学校再開、夏の大会開幕予定一覧リスト(5月16日更新) 【ニュース - 高校野球関連】
都立桜修館vs目黒日大【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第18回 鍛治舎巧監督(県立岐阜商)具体的な数字の達成で成功体験を積み重ねる【名将たちの言葉】
第17回 大須賀総監督(福井工大福井)『野球部員である前に高校生たれ』!【名将たちの言葉】
第468回 報徳学園 (兵庫)「基本」土台に、試合と「直結」し「魂」を出し切る【野球部訪問】
第16回 大藤 敏行・侍ジャパンU-18ヘッドコーチ 「高校野球に触れる君たちへ」第4回【名将たちの言葉】
第15回 大藤 敏行・侍ジャパンU-18ヘッドコーチ 「高校野球に触れる君たちへ」第3回【名将たちの言葉】
春季近畿地区高校野球大会大阪府予選 閉会式【大阪府 2016年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
都立墨田工vs都立千歳丘【東京都 2015年 春季東京都高等学校野球大会】
東京都高校野球選抜vs日本大学1、2年生【2014年 練習試合(交流試合)・秋】
第135回九州地区高校野球大会鹿児島県予選 開会式【鹿児島県 2014年秋の大会 第135回九州地区高校野球大会鹿児島県予選】

コメントを投稿する

次の記事:
開催に踏み切った春季沖縄県大会、その真意とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る