昨秋明治神宮大会準優勝の関西大は超高校級捕手・有馬諒(近江)など8人が入部!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.05

関西大に進学した有馬諒(近江高出身)

 昨秋、明治神宮大会準優勝の関西大は入部者7名が発表されている。主な逸材を紹介していきたい。

【投手】
古西祥真(
茶谷 哲兵西宮東
【捕手】
有馬 諒近江
【内野手】
黒岩 瑞己(崇徳
田中 大翔熊本工
【外野手】
中井 颯良(報徳学園
岑 幸之祐(広陵
柳本 直輝大阪桐蔭

 まず投手では兵庫県内では屈指の好投手として注目された茶谷は140キロを超える本格派右腕。古西祥真はプロ注目のエース・藤本幸輝(立命館大)の影に隠れていたが、入学から20キロ近く球速を伸ばした本格派右腕だ。

 そして捕手の有馬 諒近江)は高校生トップクラスの捕手として騒がれた大型捕手だ。高校時代は、2年春、2年夏、3年夏と計3回の甲子園に出場。実績だけでいえば、東京六大学野球に進んでいてもおかしくない選手だ。クレバーなリード、正確なスローイングは大学でも即戦力級。活動を再開すれば、正捕手争いに加わってくれそうだ。

 また、岑 幸之祐(広陵)もパンチ力ある打撃と高い守備力を秘めた左の好打者だ。柳本 直輝大阪桐蔭)は一発を秘めた長打力と高い守備力の高さが持ち味の外野手だ。

 投手は将来のエース候補、野手は即戦力級の選手が入った。非常に期待度が高い選手が入ったと言える。

関連記事
センバツ準優勝捕手、甲子園ベスト8の4番など東都二部・日本大の新入生41名のレベルはハイレベル!
東都一部の強豪・国学院大に全国の逸材が集結。その中から16名の逸材をピックアップ
立正大の新入生25名のレベルは大学球界トップクラス!

【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
夏の甲子園に2年連続出場中の近江・多賀章仁監督「後々、あの経験が活きたと言えるような歩みをしてほしい」 【ニュース - 高校野球関連】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第10回 春夏通算10度の決勝進出!広陵の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
関西大vs金沢学院大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
有馬 諒(近江) 【選手名鑑】
田中 大翔(熊本工) 【選手名鑑】
茶谷 哲兵(西宮東) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】
関大一 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】
熊本工 【高校別データ】
熊本工大 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
西宮東 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
社 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【長野県】 地区予選が一斉に開幕。一回戦から好カードも!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る