大阪、愛知はノーシード制へ。夏が実現すれば、初戦から強豪校のつぶしあいが多く実現か

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.04

仲三河 優太と高橋宏斗

大阪、愛知はノーシード制へ。夏が実現すれば、初戦から強豪校のつぶしあいが多く実現か

 4月3日まで、中止になっている地方大会は6大会。各都道県の大会は1都1府23県となった。

 シード制を検討している各都道県だが、大阪府、愛知県はシード制なしで臨む。

 大会日程がタイトな両地区で、試合数が少なくなるシード制は非常に良い制度だ。ただ、シード制は秋、春の成績を参考にして設けられるものであり、参考になるものがない。大阪、愛知はノーシードにするのは致し方ない。

 こうなると例年以上に初戦からつぶしあいが多くなるのではないだろうか。

 いきなりきつい組み合わせではあるが、まずは無事に開催できる状況になるまで収束することを願いたいし、この一戦で終わるかもしれなり「スリル感」も、これまで閉塞した気持ちを晴らすものになるに違いない。

 ぜひ球児が思う存分、やり抜ける大会になることを期待したい。

中学、高校、大学、社会人野球の大会開催状況リスト
【中学野球大会開催状況一覧】
【高校野球大会開催状況一覧】
【大学野球大会開催状況一覧】
【社会人野球大会開催状況一覧】

【関連記事】
47都道府県の春季大会が中止になるまでの流れ 【ニュース - 高校野球関連】
甲斐拓也の母校・楊志館(大分)練習再開の喜びを語る 【ニュース - 高校野球関連】
第1015回 初芝立命館(大阪)が3位に入れたワケ。1つの事件と1人のコーチの存在がチームを強くした【後編】【野球部訪問】
第1015回 昨秋大阪3位はL字に並んで練習する?初芝立命館(大阪)の強さの秘密に迫る!【前編】【野球部訪問】
第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】【高校野球コラム】
第75回 大阪桐蔭が選抜優勝!2018年高校野球を振り返る!【上半期】【高校野球コラム】
愛知県選抜vs中部大【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
第708回 池田陵真(忠岡ボーイズ)強打のキャッチャーとして高校野球でもフルスイングを貫く! 【2018年インタビュー】
関大北陽vs近大泉州【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
大阪桐蔭vs寝屋川【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
初芝立命館vs東大阪大柏原【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
大体大浪商vs大塚【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第473回 大阪桐蔭 26年ぶりセンバツ連覇への「ラストストーン」【野球部訪問】
府大工業高専 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
東邦、大阪桐蔭、智辯学園ら過去5年の選抜優勝校の秋の成績を振り返る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る