今治西前監督の大野康哉監督の就任で話題を集める松山商の直近3年の戦績は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.03

今治西時代の大野康哉氏

 4月1日付で愛媛の古豪・松山商の監督に就任した大野康哉監督。今治西での15年間の監督在籍期間で、11回の甲子園出場を誇る名将だ。夏の甲子園出場26回、選手権優勝5回と、「夏将軍」の異名を取る松山商は2001年夏以来の甲子園出場を目指す。

 今回は松山商の直近3年間の実績を振り返っていきたい。

2019年秋  地区予選 1回戦 5対8 松山城南
2019年夏 1回戦 2対7 新居浜西
2019年春 地区予選 代表決定戦 2対3 松山南

2018年秋 県大会 1回戦 2対9 松山聖陵
2018年夏 準決勝 0対9 新田
2018年春 県大会1回戦 3対6 宇和・北宇和・三瓶連合

2017年秋 地区予選 代表決定戦 3対4 済美
2017年夏 3回戦 1対3 宇和島東
2017年春 県大会 決勝戦 4対7 松山聖陵

 19年間、甲子園出場機会はないが、18年夏は準決勝、17年春には決勝進出と、強豪ひしめく愛媛高校野球の中で健闘を見せている。しかしながら、ここ数年の低迷は否めない。大野監督の就任で全盛期への復活となるか。

【関連記事】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
ハイレベルな戦いが序盤がありそう!夏のシードをかけた春季愛媛県大会のポイントは? 【ニュース - コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
新生・土佐犬軍団・高知ファイティングドッグス 「エース・石井大智の奮闘」と「足攻」で獅子たちに健闘! 【ニュース - 高校野球関連】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第3回 かつて四国4商と言われていた時代が、高校野球の歴史を作っていた【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1回 「奇跡のバックホーム」を生んだ「松山商・熊本工」平成の名勝負のあった年は、 公立商業校と工業校が活躍し昭和感を蘇らせた時代でもあった【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
富岡西vs今治西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
今治西vs八幡浜【愛媛県 2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
今治西vs宇和島東【愛媛県 2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
今治西vs松山東【愛媛県 2018年秋の大会 愛媛県秋季大会】
松山商vs小松【愛媛県 2018年夏の大会 第100回選手権愛媛大会】
今治西 【高校別データ】
今治西伯方 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
内野手を中心に好選手が集まる第87回選抜大会【注目野手編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る