前報徳学園監督の永田監督就任で注目を浴びる日大三島の3年間の戦績!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.03

侍ジャパンU-18代表の監督も務めた永田裕治氏

 4月1日から日大三島の監督に就任した永田裕治監督。報徳学園時代は2002年センバツ優勝経験。勇退が決まった2017年センバツではベスト4入り。高校日本代表監督を2年間歴任するなど、経験は豊富だ。

 今回は日大三島の直近3年間の実績を振り返っていきたい。

2019年秋 東部地区地区予選 敗者復活戦 6vs7 飛龍
2019年夏 静岡大会1回戦 1vs3 藤枝北
2019年春 県大会2回戦 1vs2 加藤学園
2018年秋 東部地区予選 敗者復活戦  2vs3 桐陽
2018年夏 静岡大会4回戦 3vs6 静岡商
2018年春 県大会1回戦 2vs5 磐田東
2017年秋 県大会準々決勝 2vs9 静岡市立
2017年夏 静岡大会決勝 10vs23 藤枝明誠
2017年春 県大会2回戦 0vs10 東海大静岡翔洋

 2017年には静岡大会決勝へ進むなど、東部地区の強豪として活躍していたが、近年、多くの学校が台頭を見せており、苦しい戦いが続いてきた。近年も能力が高い選手は多いだけに永田監督の就任でどうチームは変わっていくのか注目をしていきたい。

【関連記事】
西武・川越は打率5割、2011年春の甲子園に出場した選手は誰がいる? 【ニュース - 高校野球関連】
なぜ小園海斗(報徳学園-広島東洋カープ)は世代トップの遊撃手になれたのか? 【ニュース - コラム】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
第1001回 明石商に勝つためでなく全国の壁を破るため。秋の兵庫県王者・報徳学園が見せる強豪の矜持【野球部訪問】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
日大三島 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
花咲徳栄が市立川越を破り、優勝!【秋季埼玉県大会・2日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る