規定投球回到達は大野雄大(京都外大西出身)のみ 過去5年の中日の開幕投手たち

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.01

  新型コロナウィルスの感染拡大を受け、開幕延期が決まったプロ野球。開幕が待ち遠しい日々が続くが、せっかくなので開幕後によりプロ野球を楽しめるデータをお届けしたい。そこで過去5年間の開幕投手を調べ、それぞれの投手成績を比較してみた。今回は昨季セ・リーグ5位の中日ドラゴンズ。

チームの成績と比例するように低迷する開幕投手たち



2018年に開幕投手をした小笠原慎之介

 2015~2019年の5年間、中日の開幕戦先発マウンドに上がったのは山井大介、大野雄大、小笠原 慎之介、笠原祥太郎の4人。彼の主な投手成績は下記のとおり。


過去5年間の成績

 近年は5、6位に低迷している中日だが、それに比例するかのように開幕投手たちの成績も振るわなかったようだ。最も多くて2016、2017年の大野雄大の7勝と、二桁勝利達成者は一人もいなかった。さらに5年間の通算でも26勝は、12球団最低の数字だ。11位のDeNAが37勝を挙げていることを考えると、いかに少ないかということが分かる。

 平均登板数約20試合は12球団平均の約23試合より少なく、投球回数においても約112回は12球団平均の145回と比べて33回も少ない。規定投球回数に達したのも2017年の大野(147回2/3)のみだ。ただし、2019年の笠原以外は100回以上投げるなど、先発投手としてある程度の成績は残している。ただ、開幕投手としてみるとやや物足りなく映ってしまう。

 また防御率を見ると、一番良いのが2016年の大野で3.54となっており、投手有利とされるナゴヤドームを本拠地とする割には高い数字と言える。ビジターとの登板割合について今回は調査していないため、一概には言えないが、全体的な傾向から見ても彼らが振るわないことが改めてわかる。

 今季は大野が3年ぶり3度目の開幕投手を務める見込みだ。ここ数年は不本意な成績が続いていたが、昨季は復活を遂げた大野。今季は自身5年ぶりとなる二桁勝利を達成し、チームを8年ぶりのAクラス入りに導きたい。

(記事=林 龍也)


関連記事
神ドラフトになりそうな2019年中日ドラフト!石川、郡司ら7人全員がトッププロスペクト!
中日は2010年代に高卒投手の規定投球回到達者は「0」
石川昂弥だけではない!猛アピールする岡林勇希(菰野出身)の成長ポイント

【関連記事】
U-18日本代表のコーチ経験もある島田達二氏が東京ヴェルディ・バンバータアカデミー統括ヘッドコーチに就任した理由とは? 【ニュース - インタビュー】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
西武・川越は打率5割、2011年春の甲子園に出場した選手は誰がいる? 【ニュース - 高校野球関連】
第73回 「現状に満足せず、色々なことを考えながら野球をして欲しい」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第68回 「あの20キロを走り抜いたのは、彼がはじめてです」 恩師が語る「大野 雄大(中日ドラゴンズ)」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第6回 「地元選手、そして捕手の獲得を」スポーツライター・小関順二さんが中日ドラゴンズのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第86回 清水 達也(中日ドラゴンズ・投手) 聖地の頂点糧に、今度はナゴヤドームで頂点へ【高校野球コラム】
第628回 徳島インディゴソックス・大藏 彰人投手(中日ドラゴンズ育成1位指名)挫折を越え、野球愛を叫び、開けた「NPB」の扉 【2017年インタビュー】
第553回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手(熊本工出身)「理想となるグラブの作り方」【前編】 【2017年インタビュー】
第466回 柳 裕也投手(横浜-明治大)「横浜高時代に取り組んだ猛練習漬けのトレーニング」・前編 【2016年インタビュー】
第401回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手【後編】「練習では緊張して、試合では気楽に小技を決めよう」 【2016年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る