「残念ながら仕方ない」 徳島県が春の県大会の代替大会開催を断念

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.30

徳島北・河野 勇真

 3月30日(月)、徳島県高等学校野球連盟は新型コロナウイルスの感染防止のため、すでに中止された「第73回徳島県高等学校野球春季大会」の代替大会開催を断念することを第89回春季徳島県高等学校野球軟式野球大会の中止と併せて発表。

 「高校野球ドットコム」3月27日(金)既報の通り、4月8日(水)再開予定の県内公立校部活動に制限が加わる時点で開催は極めて厳しい状況に陥っていたが、今回改めて「精一杯準備は進めてきたが、残念ながら仕方ない」(徳島県高等学校野球連盟・須崎 一幸理事長)決定となった。

 なお、7月上旬開幕予定の第102回全国高等学校野球選手権徳島大会のシード4校決定方法は、4月16日(木)に行われる県高野連理事会において6月5日(金)~8日(月)の間に開催予定の「令和2年度徳島県総体協賛ブロック大会」における勝敗をポイントに反映するかも含め、今後の方針が話し合われる予定。須崎理事長は「今回開催を準備する中で編み出したノウハウや課題を洗い出し、様々なことを想定しながら夏を見据えて準備を進めたい」とコメントしている。

 一方、四国屈指の最速143キロ右腕・河野 勇真(3年主将・175センチ78キロ・右投右打・徳島藍住リトルシニア出身)を擁し、昨秋の県大会では初優勝した徳島北の住吉 圭吾監督は高校野球ドットコムの独占電話取材に対応。

 「大会はぜひやりたかったが3月2日から全体練習ができていない状況では難しいとは思っていた。ただ連絡を取っている限り、選手たちは秋の四国大会で明徳義塾に敗れた(1対8)ことを糧に意識を高く個人練習に取り組んでいる。全体練習が再開した時にはコンディショニングをよく観察しつつ、練習から試しながら夏に向かって進んでいきたい」と、2009年以来2度目の夏の徳島県頂点獲得への意気込みを語っている。

(記事=寺下 友徳

【関連記事】
「徳島県高等学校優勝野球大会」7.11に開幕決定!大会概要も徹底紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
東京の代替大会はどう開催されるのか? 東京都高校野球連盟・武井克時理事長に聞く 【ニュース - コラム】
第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】【高校野球コラム】
第75回 大阪桐蔭が選抜優勝!2018年高校野球を振り返る!【上半期】【高校野球コラム】
第83回 徳島商から池田の一人勝ち、そして渦潮打線復活の鳴門の台頭で新勢力図か【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
比叡山vs近江【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
浦和学院vs花咲徳栄【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
近江vs近江兄弟社【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
比叡山vs綾羽【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
近江兄弟社vs綾羽【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
第652回 「100回大会四国勢逆襲の夜明け」 春の土佐路対決は見どころ一杯!【大会展望・総括コラム】
第68回 池田高等学校(徳島)【冬が僕らを強くする2018】

コメントを投稿する

次の記事:
【奈良】 智辯学園、郡山に大苦戦!エース・西村王雅が3失点完投勝利!<6日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る