【動画】「山川さんの存在が一番のきっかけ」埼玉西武・外崎修汰(弘前実業出身)が明かすプロ志望の理由

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.29

 パ・リーグ3連覇がかかる埼玉西武ライオンズ。昨シーズンはパ・リーグ1位となる打率.265を記録し、打点は718打点と他5チームを突き放す断トツの数字。圧倒的な破壊力を武器にパ・リーグの覇権を握るチームでユーティリティプレーヤーとして活躍されるのが外崎修汰(弘前実出身)だ。

 高校時代は青森県の弘前実で3年間プレー。過去5回の夏の甲子園出場経験を持つ県立高で外崎は、3年時に4番ショートとしてチームを牽引するも、3回戦敗退。甲子園に出場はできなかったが、富士大進学後に成長する。

 1年生の春からリーグに出場し続け、2年生の秋からレギュラー奪取。その時に打点王を受賞し、3年生の秋には盗塁王受賞。チームの勝利に貢献し続けた外崎だが、プロ入りへの意識始めたのは1学年上の先輩・山川穂高(中部商出身)の存在だった。

 「プロのスカウトが山川さんのことをたくさん見に来ていたので、『こういった人がプロになるんだ』と初めて思ったんです。そこから僕も『頑張ってプロ野球選手になりたい』と意識するようになりました」

 その後、外崎は4年生チームの主将になると、最後の秋にベストナインとリーグMVPを受賞。大学4年間で確かな結果を残して2014年ドラフトで3位指名を受けて西武ライオンズに入団した。

 1年目から1軍での出場機会を掴むと、3年目となる2017年に2桁本塁打を記録。そして昨年はキャリアハイとなる143試合で26本塁打をマーク。侍ジャパンにも選出され、プレミア12の初優勝に貢献する球界屈指のスラッガーまで成長した。プロの道へ導いた憧れの先輩・山川とともに今シーズンも西武ドームにいくつアーチを描いてくれるのか。外崎の活躍に注目だ。

 そんな外崎の守備、打撃論を動画からチェックだ!

(動画を見る)


関連記事
開幕一軍が見える高卒ルーキーも...!一軍オープン戦に出場した選手は?
福留孝介タイプと評される黒川史陽(東北楽天)のパフォーマンスが高卒新人離れ!
そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)

【関連記事】
【ドラフト指名一覧・埼玉西武ライオンズ】秋8本塁打マークの大型スラッガー・渡部健人はじめ、高い潜在能力を秘めた選手たちを指名! 【ニュース - 高校野球関連】
打ち勝つ野球の中で多和田真三郎、松本航、宮川哲らが即戦力として活躍【ドラ1選手のルーキーイヤー】 【ニュース - 高校野球関連】
第1134回 球界屈指の「ユーティリティ型スラッガー」外崎修汰を誕生させた、攻守における意識の持ち方 【2020年インタビュー】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1103回 埼玉西武期待の若手右腕・國場翼(具志川高校出身)が振り返るプロ初勝利。そしてプロに進んで気づいた投手として大事なこと【後編】 【2020年インタビュー】
第1102回 けがで秋、春は未登板。プロへいく道を切り開いた最後の夏 埼玉西武ライオンズ・國場 翼(具志川出身)【前編】 【2020年インタビュー】
第7回 「打のチームとしての伝統を受け継いで欲しい」スポーツライター・小関順二さんが埼玉西武ライオンズのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第1056回 府内屈指の右腕を日本代表入りの怪腕にさせたドラ1先輩のアドバイス 吉田大喜(日本体育大学) 【2019年インタビュー】
第86回 平良 海馬(埼玉西武ライオンズ・投手) 最速156キロの原動力は八重山商工時代の猛練習【高校野球コラム】
第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」【四国発】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
東洋大vs富士大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
富士大vs大阪商業大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
弘前実 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
入学当初の実力は同学年でも下位。下慎之介(健大高崎)がドラフト候補左腕まで成長できた理由
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る