ドラ1候補・早川、200センチ左腕・今西などプロ志望の早稲田大トリオに対し、小宮山悟監督が求めること

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.28

左から瀧澤虎太朗、早川隆久、今西拓弥

 

 早稲田大のエース・早川 隆久木更津総合出身)、今西拓弥(広陵出身)、瀧澤 虎太朗山梨学院出身)の3名はプロ志望。今回はこの3名に今年の決意や、元プロの小宮山悟監督に3人の評価を聞いた。

 今や日本代表候補のエース左腕へ成長した早川。大学3年から指導している小宮山悟監督は昨年、「能力の高さに対し、結果が伴っていない」と指摘し、データを踏み込んだ振り返りなどを技術面、取り組み面のアドバイスを行った。早川も小宮山監督の指導を吸収しながら、変化球の研究、配球面の工夫を重ね、昨年は二季合わせて5勝、104奪三振をマーク。高校時代に続いて、大学代表に選出され、今ではドラフト1位候補へ成長した。

 そんな現状について小宮山監督は「間違いなくドラフトでも1位クラスに上がる可能性を持った投手でしょう。少しずつ成長は見せています。ただ即戦力として活躍できるかといえば、まだまだ。この1年はプロで活躍できるための土台を作る期間。球団のコーチによってリクエストも違いますので、そのリクエストに対応できるところも教えています」と語る。

 早川はこれまでのプロ相手の登板を通して、「最初は力で行き過ぎるところはあったんですけど、コントロール重視の投球に切り替えて、良い感覚できています」と手応えは感じている様子。27日のシート打撃でも威力ある速球を投げ込んでいた。

 身長200センチの大型左腕・今西は、自分にあったフォームをこの4年間で見つけ、今年は常時140キロ台の速球を投げ込むなど好調をアピール。小宮山監督は「あれほどの体格なので、あれこれいじりすぎると技術を崩してしまうので、特に指導はしていません。彼の課題はメンタル。思い通りに行かないときに何もできないことが多い。そこを我慢して投げられるかが課題でしょう」と注文をつける。小宮山監督の指摘に対し、今西は「そのとおりだと思いますし、それができなかったのは昨秋でした。だから今年は実戦になればフォームのことを考えず投げられるようになりたい」と、技術、精神面も充実させてキャリアハイのシーズンにするつもりだ。

 昨年、ホームスチールを決めるなど身体能力の高さが売りの瀧澤は巨人の二軍戦で2本塁打を放ち、注目を浴びている。「あの試合までは不調だったのですが、トップからインパクトまで無駄のないスイング軌道を心がけた結果、2本塁打を打てました。自分にとっては大事な試合でしたので嬉しかったです」と活躍を振り返る。だが小宮山監督の評価は厳しい。「打撃は良いものはありますし、走塁、守備も決してレベルが低いわけではない。ただ、全体的にプロでも売りになれると判断されなければ、厳しいと見ています」と、いかに自分をアピールできるかが大事となる。そんな瀧澤の目標は首位打者だ。

 11日の通常開催・開幕を目指して調整を続けていた東京六大学だが、現在の社会情勢により、すんなりと開幕できる状況ではなくなっている。それでも早稲田大の選手たちは来る開幕に向けて調整をするだけだ。

(取材=河嶋 宗一

関連記事
強打の核弾頭・森敬斗(桐蔭学園)を目覚めさせた指揮官のワンポイントアドバイス
森敬斗(桐蔭学園)課題を乗り越え、甲子園でもスーパー森を

【関連記事】
大学野球の近畿学生野球連盟春季リーグ戦が中止に決定 【ニュース - 高校野球関連】
巻き返しはここからだ!プロ入り目指して再スタートを切る、17人の逸材を紹介! 【ニュース - コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第64回 有原 航平(広陵ー北海道日本ハムファイターズ) 「スケールの大きい『実直・真面目』な姿に自然と期待が膨らんでいく」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第171回 ミレニアム世代のトッププロスペクト vol.20 「野村大樹」【ドラフト特集コラム】
第4回 中四国地区「大学野球事始」【四国発】
侍ジャパンU-18代表vs早稲田大学【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本

コメントを投稿する

次の記事:
夏の島根の代替大会は7月17日開幕へ
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る