西武はドラ1「以外」の高卒先発投手は苦しい? 最後の規定到達は1994年の工藤公康

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.28

高橋光成

 新型コロナウイルスの影響でプロ野球の開幕が4月24日以降となった。オープン戦や練習試合で調子を整えてきたが、いったん仕切り直しとなる。

 そんな中、パ・リーグ2連覇を目指す西武は、6勝2敗1分の首位でオープン戦を終えた。

 このオフシーズンに秋山 翔吾横浜創学館出身-現レッズ)が抜けたものの、山川穂高(中部商出身)や森 友哉大阪桐蔭出身)、そして外崎修汰(弘前実出身)とその他の主軸は健在。もちろん昨シーズンに比べると、得点力は落ちるだろうが、それでもリーグ屈指の破壊力ではることは疑いようの余地はない。

 一方の投手陣は開幕投手に内定していたザック・ニールに髙橋 光成前橋育英出身)、今井 達也作新学院出身)の甲子園優勝投手コンビ。そして松本航までは先発ローテーション入りがほぼ確定。残りの2枠を松坂 大輔榎田 大樹(小林西出身)、本田 圭佑東北学院出身)らで争うことになる。

 やはり将来のエース候補である高橋と今井がどれだけ結果を残すことができるかが、順位の鍵を握ることになりそうだ。ふたりとも高卒でドラフト1位指名された金の卵。ここまで足踏みした時期もあったが、なんとか先発ローテーションを任される存在にまで成長した。

 さてここで西武のローテーション投手を振り返ると、かつては菊池 雄星花巻東-現マリナーズ)や涌井 秀章横浜出身-現楽天)、そして松坂 大輔横浜出身)が高卒のドラフト1位出身としてローテーションを張ってきた。しかし高卒出身という括りで見ると、西武においてドラフト1位「以外」のローテーション投手はほとんどいない。

 中継ぎとしては武隈 祥太旭川工出身)や平良 海馬八重山商工出身)と結果を残している投手はいる。

 しかし、先発投手では2000年以降で規定投球回到達、もしくは2桁勝利を達成した高卒でドラフト1位以外の生え抜き投手はひとりもいない。なんと直近は工藤公康(名古屋電気出身)が130.1回を投げ11勝をマークした1994年にまで遡らねばならないのである。

 パ・リーグの他球団を見ると上沢 直之 専大松戸出身-日本ハム)、山本 由伸都城出身-オリックス)、千賀 滉大蒲郡出身-ソフトバンク)とエース格の投手がドラフト中位・下位から誕生している。

 二木 康太鹿児島情報-ロッテ)や辛島 航飯塚-楽天)はエース格ではないものの、先発ローテーションを張ってきた。

 まさに西武だけがドラフト1位以外から先発ローテーションを回るような投手が誕生していないのである。もちろん、チームを編成する上で、ドラフトの順位は関係ない。1位であれ、下位指名であれ、それぞれの役割を果たせばそれでいいのは事実としてある。

 しかし、ドラフト中位・下位からもローテーションを張るような投手が誕生すれば、投手陣の底上げを図ることができるのではないだろうか。

 はたして今後、そういった投手は現れるだろうか。西武の先発ローテーション投手に注目だ。

(文=勝田 聡)

関連記事
ソフトバンクの育成システムの凄み リチャード、尾形で13年連続、31度目の育成からの支配下登録
周東佑京(東農大二出身)のランニングホームランは驚愕のタイムを計測!その他の走塁タイムも紹介
周東佑京、砂川リチャードら将来の主力候補が揃う!2017年のホークスのドラフト戦略は成功となるのか?

【関連記事】
ファームで腕を磨く太田龍(れいめい出身)山本由伸ら「九州四天王」の現在とは 【ニュース - 高校野球関連】
91年世代単独トップの安打数を記録する堂林翔太(中京大中京出身)はデビュー年以来の100安打、二桁本塁打を狙えるか 【ニュース - 高校野球関連】
第1134回 球界屈指の「ユーティリティ型スラッガー」外崎修汰を誕生させた、攻守における意識の持ち方 【2020年インタビュー】
第1173回 セカンド送球は1.9秒台。スワローズジュニアにも選ばれた本田凌太(浦和シニア)が目指すのは「打てる捕手」  【2020年インタビュー】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
鹿児島情報vs尚志館【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
川内vs鹿児島情報【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
拓大紅陵vs専大松戸【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東海大市原望洋【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
秋山 翔吾(横浜創学館) 【選手名鑑】
今井 達也(作新学院) 【選手名鑑】
上沢 直之 (専大松戸) 【選手名鑑】
榎田 大樹(小林西) 【選手名鑑】
辛島 航(飯塚) 【選手名鑑】
菊池 雄星(花巻東) 【選手名鑑】
千賀 滉大(蒲郡) 【選手名鑑】
平良 海馬(八重山商工) 【選手名鑑】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
武隈 祥太(旭川工) 【選手名鑑】
二木 康太(鹿児島情報) 【選手名鑑】
本田 圭佑(東北学院) 【選手名鑑】
松坂 大輔(横浜) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
山本 由伸(都城) 【選手名鑑】
涌井 秀章(横浜) 【選手名鑑】
旭川工 【高校別データ】
飯塚 【高校別データ】
鹿児島情報 【高校別データ】
蒲郡 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
都城 【高校別データ】
都城工 【高校別データ】
都城商 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
八重山商工 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
楽しめる売り場を目指して!新たにグローバルフラッグシップストアとしてリニューアルしたMIZUNO TOKYO
次の記事:
兵庫県教育委員会が4月8日以降の方針を発表。高校野球はどうなる?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る