【動画総集編】トップの作り方を細かく解説!球速アップかつ怪我しくいフォームマスターの近道に!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.26

 新型コロナウイルスの影響で練習ができず、自宅で自主練習を余儀なくされている球児が多いと思います。限られた環境で練習をすることは難しいですが、ゆっくりと自身のフォームと向き合う良い時間となるはず。そこで今回は殖栗正登トレーナーによる、球速アップの極意を再度紹介!

 前回は大まかな概要をメインに伝えていきましたが、今回は細かき方までレクチャー。殖栗トレーナーの新鮮な理論を見てマスターすれば、ピッチャーは短期間でスキルアップ。野手は怪我しにくいフォームが習得できるかも。

家にいるからこそ見直したい!ピッチングスキル向上



 前回の動画では、肩・肘が怪我いないためにも大事な投げ方はどんなフォームを理解できたと思います。今回は怪我しないために大事な丸の形の作り方を身振り手振りを交えて紹介します!驚きの理論となっているはずです。


 数多くの理論や体の動かし方をお伝えしていきましたが、大事なのはそれを自然にできること。つまりはシステムとして身体が覚えることなんです。また、ひっかいて丸かいてポン、のひっかきかたもレクチャーします!


 ひっかき方を前回の動画できっちりマスターしたところで、今回は丸を描く場所。リリースポイントにも直結する大事な描き方を要点まとめて紹介します!

コメントを投稿する

前の記事:
仙台育英、盛岡大付が初戦突破!【春季東北大会・6日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る