• トップ
  • ニュース
  • 高校野球関連
  • 佐々木朗希(大船渡出身)だけではない!世代屈指のサイドスロー・横山陸人(専大松戸出身)が対バッターへ調整進める

佐々木朗希(大船渡出身)だけではない!世代屈指のサイドスロー・横山陸人(専大松戸出身)が対バッターへ調整進める

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.26

横山陸人

 千葉ロッテのゴールデンルーキー・佐々木 朗希大船渡出身)が、24日に打撃投手デビューで157キロを投じたことで大きな話題となった。東京五輪の1年以内の延期によって、侍ジャパンの選出も可能ではないかという期待感も膨れ上がっている。そんな中、佐々木の相棒として新人合同自主トレでキャッチボールをしていた高卒ルーキー・横山 陸人専大松戸出身)もロッテのとっておきの戦力だ。

 すっと左足を真っすぐ上げてから少しひねつつ重心を前に運び、着地と同時に身体を鋭く回転。高校時代よりも身体のひねりを抑えたフォームになったが、ボールには力がある。足腰の太さから、高校時代よりもパワーアップしたことが伺える。

 横山は中学時代、上一色中で全国大会準優勝を経験。奥川 恭伸星稜出身)の前に敗れたが、高校では千葉の名門・専大松戸に進学。高橋 礼など数多くの選手を育てた持丸修一監督の下で3年間腕を磨いてきた。

 2年生の春の地区予選時はアンダースローに取り組んでいたが、その後の県大会を境目の今のサイドスローにモデルチェンジ。すると、110キロだった球速が130キロ台まで大幅にアップし、千葉県内で注目投手になった。

 3年生になると鋭く振り抜かれる右腕からは、回転数の多い最速140キロ台中盤を叩き出すストレート。加えて打者の手元で鋭く曲がるスライダーも織り交ぜる本格派投手へ。甲子園には出場できていないが世代屈指のサイドスローとしてドラフト戦線に浮上した。

 千葉ロッテから4位指名を受けて晴れてプロ野球選手となると、1軍キャンプに帯同。2月13日に佐々木とともに初めてブルペン入りすると、吉井理人コーチからも高い評価を受けていた横山。そこから着実にステップを踏んでいき、バッターを相手に投げる日も近いことが報じられている。

 1年目は「二軍のローテーションに入りたい」と目標を語った。まず目標をクリアして、いつの日か2019年ドラフトは佐々木だけではないというのを、ピッチングで証明してくれるのを楽しみにしたい。

(文=編集部)

【関連記事】
西武はドラ1「以外」の高卒先発投手は苦しい? 最後の規定到達は1994年の工藤公康 【ニュース - 高校野球関連】
高卒野手で結果を残したのは?ヤクルトは山田、村上ら2005年以降入団の高卒野手4人が二けた本塁打を記録 【ニュース - 高校野球関連】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
拓大紅陵vs専大松戸【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東海大市原望洋【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東金【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
専大松戸vs昭和学院【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第215回 【逸材レポート】横山陸人(専大松戸)「貫き続けたストレートのレベルアップ。だからこそ今の立ち位置がある」【ドラフト特集コラム】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
第947回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
東海大菅生vs専大松戸【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第768回 2018年のテーマは「逆方向」!春に結実 野村佑希(花咲徳栄高)  【2018年インタビュー】
第677回 今里凌(専大松戸)「軽く打つ意識で打撃開眼を」 【2018年インタビュー】
専大松戸 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
仙台育英、盛岡大付が初戦突破!【春季東北大会・6日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る