0勝6敗からの巻き返しへ 京山将弥(近江出身)が4奪三振、無失点で開幕ローテ入りへアピール

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.26

近江時代の京山将弥(横浜DeNAベイスターズ)

 横浜DeNAベイスターズの京山 将弥近江出身)が25日、阪神タイガースとの練習試合に先発登板。2イニングを1安打無失点に抑え、開幕ローテ入りへアピールした。

 立ち上がりから直球にキレがあった京山。コーナーへの制球に加えて、カットボール、フォークなどの変化球も交えながら阪神打線を翻弄。
 初回は、北條 史也、マルテと2者連続三振を奪うと、2回には一死一、三塁のピンチを招くも、陽川 尚将を空振り三振、原口 文仁を三ゴロに打ち取り4奪三振、無失点に抑えてみせた。

 近江時代から滋賀県を代表する本格派右腕として名を鳴らした京山。
 近江では1年夏からベンチ入りし、甲子園には2年春と3年夏の2度出場。全国デビューとなった昨年の選抜では、わずか1イニングの登板ながら伸びとキレのあるストレートを披露し、一躍注目の存在となった。

 3年夏の滋賀大会では26イニングを投げ、与えた四球は5つだけ。決勝は散発3安打の無死球完封で締めくくり、予選防御率0.00のまま優勝を決めた。
 最速145キロを投げる速球派でありながら、卓越した制球力もスカウトの評価を上げる要因となった。

 プロ入り後は順調にスケールアップしてきたが、昨シーズンは0勝6敗に終わり、2020年は巻き返しのシーズンとなる。
 開幕延期をチャンスに変えて、開幕ローテーション入りを掴みたい。

(文=栗崎 祐太朗)

【関連記事】
復帰が待たれるDeNA・今永昇太(北筑出身)。力投も4回戦敗退となった高校最後の夏 【ニュース - 高校野球関連】
4回1失点の好投も... 横浜DeNAの大型右腕・阪口皓亮(北海出身)の最後の夏 【ニュース - 高校野球関連】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第2回 「右のエース級獲得を!」スポーツライター・小関順二さんが横浜DeNAのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第87回 櫻井周斗(横浜DeNAベイスターズ) 清宮を封じた若き剛腕 左腕王国のリリーフエースへ【高校野球コラム】
第1054回 「自分のできることに集中する」規律を重んじるカリビアンスラッガーのルーツ ネフタリ・ソト(横浜DeNAベイスターズ) 【2019年インタビュー】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第836回 考え方1つで結果は変わる。伊藤裕季也を急成長させた立正大の4年間 【2018年インタビュー】
第715回 ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ) 技術のベースを作ったMLB時代。ホームランの打ち方を伝授!【後編】 【2018年インタビュー】
第711回 ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ) 「知られざるベネズエラ時代の歩み」【前編】 【2018年インタビュー】
第651回 内川 聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)ケガの時期は「プラス要素」に変えられる【後編】 【2018年インタビュー】
第47回 梶谷隆幸(開星~横浜DeNAベイスターズ)野球生命のピンチを乗り越えて【恩師が語るヒーローの高校時代】
京山 将弥(近江) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る