4月から東海大相模へ進学 県央宮崎ボーイズ・庄田聡史は「大根を並べて」140キロを計測

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.24

県央宮崎ボーイズの庄田聡史

 九州地区屈指の右腕が、この春から高校野球へ踏み出していく。
 県央宮崎ボーイズの庄田聡史は、140キロを超えるストレートが持ち味の速球派右腕だ。兄は昨年、日南学園でエースだった庄田 和規投手で、兄に続いて強豪校の門を叩く。

 少年野球チーム「木花パワーズ」では小学6年時に111キロを計測し、県央宮崎ボーイズ入団後も1年の7月にはすでに125キロを計測。その後も順調に成長を重ね、昨秋に行われた3年生のお別れ試合では遂に球速は140キロまで到達した。

 中学野球での成長について、庄田は冬場に行う農家での手伝いが大きかったことを明かす。
 県央宮崎ボーイズでは、毎年冬になると選手たちは農家の手伝いを行っており、庄田も大根を並べる仕事を経験。足腰を使うきつい作業が多かったが、それが結果として身体を鍛えることに繋がったと話す。

 「農家の手伝いでは、握力と足腰を鍛えることが出来ました。ずっと低い体勢で作業をしなければいけないため足腰が鍛えられ、大根を並べていく中で握力も鍛えられました」

 ボーイズリーグの日本代表として出場した世界少年野球大会(イタリア)では、「上には上がいることを痛感させられた」と振り返るが、それでも計7イニングを投げて15奪三振を奪うなど存在感をみせる。
 中学野球のトップレベルの選手たちと共に戦った経験は、庄田にとって今後に繋がる大きな財産となった。

 「正直、自分が一番速いボールを投げると思っていましたが、山田 陽翔(大津瀬田ボーイズ)など、もっと速いボールを投げる投手は他にもいて驚きました。
 その中でも活躍できたのは、速いボールを投げたい気持ちを捨てて、チームが勝つことだけを意識して投げることができたからだと思います」

 4月からは関東の名門・東海大相模へと進学予定だ。
 今年は全国屈指の戦力が揃っており、激しいベンチ入り争いも待っているが、庄田は1年生から積極的にアピールしていきたいと意気込みを語った。

 「東海大相模では、昨年は石田 隼都さんが1年生から活躍されていました。自分も1年生からベンチ入りして、石田さんのような活躍が出来ればと思っています。
 最終的にはエースとして甲子園で優勝して、プロ野球選手になりたいです」

 庄田が縦縞のプライドを身に纏い、神奈川を、そして甲子園を沸かせることができるか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
強豪校進学を控えたボーイズ日本代表・川井泰志(桐生ボーイズ)進路の決め手となった人物とは?
湖国の至宝・山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)を一躍有名にした元プロとの対戦
【選手名鑑】高校通算44本塁打のスラッガー・山村 崇嘉 (東海大相模)の現在地

【関連記事】
2015年の東海大相模優勝メンバーから4選手が都市対抗野球に出場!! 【ニュース - 高校野球関連】
明石商・中森俊介が仮契約!即戦力度は近年のロッテの高校生投手ならばナンバーワン! 【ニュース - 高校野球関連】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
東海大相模vs三浦学苑【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
庄田 和規(日南学園) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
奥川恭伸(星稜出身)の今季ラスト登板は6回無失点7奪三振!2年目に弾みをつける!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る