2015年甲子園ベスト16の遊学館はベンチ外含め5人が社会人野球・独立リーグ継続!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.23

左から本定 史好、高本康平、石森 大誠、小孫竜二

 過去に甲子園出場したチームの選手たちのその後を追っていくシリーズ。社会人でも継続している選手が多いチームを調べると、2015年出場の遊学館が多いことが分かった。遊学館は3回戦で優勝した東海大相模に敗れている。硬式野球継続が決まっている選手は以下の通り。

捕手 髙本 康平(国学院大ーセガサミー)
投手 小孫 竜二(創価大-鷺宮製作所)
投手 本定 史好(上武大-JFE東日本)
投手 石森 大誠(東北公益文科大-熊本ゴールデンラークス)
ベンチ外 石田宝輝(京都先端科学大-BC富山)

 投手3人が社会人野球継続しているのが特徴的で、小孫、石森の2人についてはプロ志望届を提出していることだ。まず小孫は最速152キロ右腕へ成長。北海道日本ハム・望月 大希市立船橋出身)、東京ヤクルト・杉山 晃基盛岡大附出身)とともに強力な3本柱を形成した。石森は高校時代、135キロ程度だったものの、大学4年間で140キロ後半の速球を投げるまでに成長。プロを狙える才能までとなった。本定も上武大では完成度の高い先発型右腕として活躍を見せてきた。大学時代でも強打の捕手として活躍した高本はセガサミー入社後、オープン戦後からスタメン出場を果たしている。

 石田はベンチ外だったスラッガータイプのプレイヤー。高岡市出身の選手で、地元球団でNPBを目指すこととなった。183センチ105キロと規格外の体型を生かした技術を身につけ、本塁打量産を狙う。

 高校時代の主力選手だけではなく、ベンチ外だった選手が硬式野球を継続できているのは喜ばしい。5人全員が活躍することを期待したい。


関連記事
巨人4番岡本和真を筆頭に、社会人野球継続4名。2014年智弁学園の甲子園メンバーはエリート揃いだった!
2014年の夏の甲子園優勝・大阪桐蔭。社会人で4人、プロで3人が野球を継続中!
2015年センバツ優勝の敦賀気比から4人が社会人野球を継続!!

【関連記事】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
プロ入りしなかった注目の'19甲子園球児はどこの大学・チームに進学した? 【ニュース - コラム】
ちょうど1年前の3月25日の選抜甲子園 津田学園・前佑囲斗の熱投や山梨学院の24得点 【ニュース - 高校野球関連】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第947回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
第945回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
小孫 竜二(遊学館) 【選手名鑑】
髙本 康平(遊学館) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】
市立船橋 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】
遊学館 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
目指すは内海哲也。敦賀気比の2年生左腕・木下元秀が日大三戦で8回2失点の好投!!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る