神宮大会王者の慶応義塾大に訪問!単純な練習からでも見えた意識の高さ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.21

 昨秋、19年ぶり4度目の明治神宮大会優勝を果たした慶應大。堀井哲也監督が就任した後も、オープン戦では勝ち星を重ね、圧倒的な戦力層を誇っている。

 まず投手では154キロ右腕・木澤 尚文慶應義塾出身)、151キロ左腕・佐藤 宏樹大館鳳鳴出身)、146キロ右腕・関根 智輝都立城東出身)の4年生投手を中心にハイレベルな投手が揃う。

 打線では新たに4番に座った正木 智也(3年・慶應義塾)はオープン戦でも本塁打を連発するなど好調をキープ。そして2年間、対応力に課題を抱えていた若林 将平(3年・履正社)もクリーンナップを務めるまでに成長し、堀井監督からの期待も高い。

 そのほかでは瀬戸西 純(4年・慶應義塾)、嶋田 翔(4年・樹徳)、渡部 遼人(3年・桐光学園)など昨年からの主力選手も順調に成長を見せており、攻守にスキがないチームとなった。

 その練習を見ると、とても意識の高さが伝わってくるものだった。投手は実戦を想定し、投球練習と同じ投球フォームで投げ、変化球を交えたり、牽制の練習を繰り返す。野手では、ティーもスタンドティーを使うときは低め、真ん中などコースを変えたり、片手でのティー、座ってからのティー打撃など多くの種類をこなしてのティー打撃があり、抽象的な練習はほとんどなかった。

 そしてフリー打撃では、投手に変化球を要求したりするミックス打撃。主将の瀬戸西は左投手相手に変化球を投げさせて、ミート感覚を確かめていた。



キャッチボールだけでも高い意識が見えてきた

 投手、野手もベストパフォーマンスを発揮するために、自分の感覚をどうすり合わせていくのか、それが透けて見える。練習、取材対象者の取材が終わり、瀬戸西の自主練習を見させていただいたが、非常に考えられたものだった。瀬戸西は、守備上達のために壁当てを行う。瀬戸西の守備理論については本人のインタビューで詳しく紹介したいと思うが、この壁当てのポイントは、捕球から送球までの一連の動作を丁寧に行うことだ。

 1つ1つの動きを丁寧に行うことで、次の動作に移行しやすく、結果的に速い打球にも対応がしやすく、エラーが少なくなる。これは瀬戸西が大学野球のレベルの高さを痛感し、守備で苦労。そこから試行錯誤して辿りついた理論だけに、非常に説得力があった。

 瀬戸西を含め、主力選手に自身の取り組み内容、課題を聞くと、スラスラと答えてくれる。慶応にはどんな選手が求められるのか。瀬戸西に答えていただいた。
「まず課題を見つける能力が必要だと思います。自分の課題については監督から言っていただくこともありますし、選手同士で課題を指摘しあう。(慶応)はそういうチームだと思っています。自分の課題がないという選手は絶対に課題は見つからないですし、成長できないと思いますので、成長できるためには何が必要なのかを考えることが第一歩だと思います」

 瀬戸西だけではなく、佐藤、関根、木澤も課題を共有しあう仲間たちこそ成長の大きなきっかけになったと振り返る。その積み重ねが強力なチームを作り上げてきたのだ。

 狙うはリーグ連覇。投打ともに100%の状態に仕上げ、他の5大学を圧倒する戦いを見せていく。

(文=河嶋 宗一


関連記事
ドラフト候補集団・慶応大。今年は木澤、関根、佐藤、瀬戸西の4人に注目
オープン戦好調だった大卒ルーキーは?森下、郡司、宇草らの東京六大学、大学日本代表勢が一歩リード
慶應義塾大学野球部 大久保秀昭監督の捕手論「強さも上手さも『知る』ことから」【Vol.1】

【関連記事】
朝ドラで話題沸騰の「紺碧の空」 高校野球でも耳にする大学野球界の応援歌の鉄板曲を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
戦争の影響を強く受けた沖縄の高校野球 歴史を彩ってきた沖縄の公立高校にはどんな高校があるのか? 【ニュース - コラム】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第114回 群馬の実力校・樹徳の現在「何らかの試合をして締めくくらせてあげたい」【高校野球コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第1169回 名門・中本牧シニアに現れた180センチ超えの強肩強打の遊撃手・小川大地の武器は「向上心の強さ」 【2020年インタビュー】
慶応大vs第一工業大、鹿児島国際大【2020年 大学野球練習試合(交流試合)・春】
第1081回 覚醒のきっかけはダルビッシュ有。中西健登(国士舘)が東京都屈指のサイドハンドになるまで 【2019年インタビュー】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
都立城東vs共栄学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
木澤 尚文(慶應義塾) 【選手名鑑】
佐藤 宏樹(大館鳳鳴) 【選手名鑑】
嶋田 翔(樹徳) 【選手名鑑】
関根 智輝(都立城東) 【選手名鑑】
瀬戸西 純(慶應義塾) 【選手名鑑】
正木 智也(慶應義塾) 【選手名鑑】
若林 将平(履正社) 【選手名鑑】
渡部 遼人(桐光学園) 【選手名鑑】
大館鳳鳴 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
樹徳 【高校別データ】
都立城東 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【プレゼント企画】コンディション維持に役立つ山田哲人選手も愛用している「MUSASHI」 アスリート以外でも健康維持に最適
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る