オリックスの先発ローテーションに漆原大晟(新潟明訓出身)ら大卒投手は加わるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.22

ローテーション入りへ期待がかかる漆原大晟

 昨年のドラフト会議でオリックスが1位で指名し獲得した宮城 大弥興南)が、3月20日に行われた大商大との練習試合に登板した。

 プロ入り後初の実践となったこの試合で宮城は1回無失点、三者連続三振を記録する最高のスタート。高卒1年目ということもあり、いきなりの一軍起用はないだろうが、期待感は嫌でも高まってくる。

 近年のオリックスは若い投手の躍進が目立つ。山岡 泰輔瀬戸内→東京ガス)に山本 由伸都城)、その他にも榊原 翼浦和学院)や田嶋 大樹佐野日大→JR東日本)らがそうだ。

 すでに移籍してしまったが、長きに渡ってチームを支えた現日本ハムの金子弌大(長野商→トヨタ自動車)、現阪神の西 勇輝菰野)も大学を経由していない。

 オリックスの投手陣は高卒や高卒社会人の投手たちが中心となっているのである。宮城にも先輩たちと同様の活躍を期待したくなるのは当然だろう。

 一方で大卒や大卒社会人の先発投手はほとんどいない。

 昨シーズンは日立製作所出身のK-鈴木(千葉明徳→国際武道大)が先発ローテーション入りを果たし、102.1回を投げ4勝をマークしたが、その他で目立った成績を残した選手はいない。2010年代で見ても規定投球回に到達したのは、2015年の東明大貴(富田→桐蔭横浜大→富士重工)と2011年の中山慎也(桐生南→城西大→JR東日本東海)の2人だけしかいないのである。

 その他の選手たちの多くは中継ぎとして起用されている。海田智行(賀茂→駒沢大→日本生命)、比嘉幹貴(コザ→国際武道大→日立製作所)、吉田一将(青森山田→日大→JR東日本)山崎 福也日大三→明治大)らがそうだ。

 彼らは先発として起用されていた年もあったが、最終的に中継ぎに配置転換されている。

 しかし、今年は少し様子が変わりそうだ。K-鈴木に加えて育成から這い上がってきた漆原 大晟新潟明訓→新潟医療福祉大)と張 奕福岡第一→日本経済大)といった大卒の投手たちが先発で起用される可能性があるからだ。

 張は離脱しており開幕に間に合うのかは微妙な状況ではあるものの、漆原は3月14日のオープン戦で先発起用された。3回2失点と満足いく結果とは言い難いものの、第一歩を踏み出した。

 高卒や高卒社会人が先発の軸となっていたオリックス。そこにK-鈴木や漆原、そして張が加わっていくことはできるだろうか。

【2020年オリックス投手陣】
※生え抜きのみ
※外国人選手をのぞく
※育成選手をのぞく

<高卒>
宮城 大弥興南
山本 由伸都城
前 佑囲斗津田学園
本田 仁海星槎国際湘南
齋藤 綱記北照
山田 修義敦賀気比
榊原 翼浦和学院
吉田 凌東海大相模
鈴木 優都立雪谷

<高卒社会人>
山岡 泰輔瀬戸内→東京ガス)
荒西 祐大玉名工→Honda熊本)
富山 凌雅九州国際大付→トヨタ自動車)
田嶋 大樹佐野日大→JR東日本)

<大卒>
山崎 福也日大三→明治大)
村西良太(津名→近大)
澤田 圭佑大阪桐蔭→立教大)
漆原 大晟新潟明訓→新潟医療福祉大)
神戸文也(前橋育英→立正大)
張 奕福岡第一→日本経済大)

<大卒社会人>
吉田一将(青森山田→日大→JR東日本)
近藤大亮(浪速→大商大→パナソニック)
東明大貴(富田→桐蔭横浜大→富士重工)
K-鈴木(千葉明徳→国際武道大→日立製作所)
比嘉幹貴(コザ→国際武道大→日立製作所)
小林慶祐(八千代松陰→東京情報大→日本生命)
海田智行(賀茂→駒沢大→日本生命)
左澤 優横浜隼人→横浜商大→JX-ENEOS)

(記事:勝田 聡)


関連記事
オリックス・山岡泰輔(瀬戸内出身)が開幕投手へ盤石の状態 目標は「チームのAクラスとCSでの登板」
【動画】オリックス・吉田正尚(敦賀気比出身)の打撃論がタメになる!!若き大砲の打撃練習も見逃すな
オリックスの今後を背負って立つ宜保翔(未来沖縄出身)!高卒2年目の新星が開幕1軍奪取となるか

【関連記事】
オリックス・田嶋の同期、吉田・長沢は社会人で活躍中!2014年の佐野日大ナインのその後 【ニュース - 高校野球関連】
どちらが勝ち越している?八戸学院光星と青森山田の直近5年での直接対決を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第17回 まだ議論が出尽くされていない。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【後編】【沖縄の高校野球】
第17回 甲子園開催の、大会開催の道を探そう。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【前編】【沖縄の高校野球】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1100回 一流スラッガーへの道 オリックス・吉田正尚(敦賀気比出身)の打撃調整法 【2020年インタビュー】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
コザvs宮古【沖縄県 2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs安田学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第1048回 コントロール重視の投球フォームが生んだ「153キロ」。 岡林勇希(菰野)【後編】 【2019年インタビュー】
第1048回 探究心豊かな速球派右腕・岡林勇希(菰野)。153キロを投げるのは必然だった【前編】 【2019年インタビュー】
漆原 大晟(新潟明訓) 【選手名鑑】
榊原 翼(浦和学院) 【選手名鑑】
田嶋 大樹(佐野日大) 【選手名鑑】
張 奕(福岡第一) 【選手名鑑】
西 勇輝(菰野) 【選手名鑑】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
山岡 泰輔(瀬戸内) 【選手名鑑】
山本 由伸(都城) 【選手名鑑】
青森山田 【高校別データ】
浦和学院 【高校別データ】
賀茂 【高校別データ】
桐生南 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
コザ 【高校別データ】
菰野 【高校別データ】
佐野日大 【高校別データ】
瀬戸内 【高校別データ】
千葉明徳 【高校別データ】
富田 【高校別データ】
富田 【高校別データ】
長野商 【高校別データ】
新潟明訓 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
広島中等・賀茂北 【高校別データ】
福岡第一 【高校別データ】
都城 【高校別データ】
都城工 【高校別データ】
都城商 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
尽誠学園を追って英明、寒川という構図に古豪高松商の復活で、新たな動き(香川県)
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る