大阪でしのぎを削った中田 惟斗(大阪桐蔭出身)と井上広大(履正社出身)の名門校対決が実現!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.20

中田 惟斗と井上広大

3月19日、阪神vsオリックスの二軍の練習試合で高校野球ファンにとってうれしい対決があった。

 阪神2位の井上 広大履正社出身)とオリックス育成3位の中田 惟斗大阪桐蔭出身)の対決が実現したのだ。大阪を代表する名門校であり、甲子園出場をかけて大阪でしのぎを削ってきたエースと4番の対決は見ごたえがあった。この勝負を制したのは中田。140キロ前半のストレートで次々と追い込み、144キロのストレートで空振り三振に打ち取った。

 2人の高校時代の対決は2年秋の府大会決勝で実現しており、5対2で履正社が勝利し、大阪桐蔭の府内44連勝と公式戦36連勝を止めている。

 まだこの時、2人はプロ入り確実と呼ばれるほどの選手ではなかった。しかし井上は甲子園3本塁打を放つなど全国トップクラスのスラッガーへ成長。中田も先発で平均球速140キロ、最速146キロを投げ込むまでになり、プロ入りを果たした。

 ここまで井上の順調な成長ぶりを見せていたが、中田もこの時期で起用されているように順調な仕上がりぶりを見せている。

 この対決を終えた井上は20日の中日との練習試合で笠原祥太郎(新津出身)から本塁打を放った。

 再び二軍戦。そして一軍では交流戦でこの2人の対決が実現するのか、注目をしていきたい。

関連記事
球筋を磨き上げる霞ヶ浦のブルペンの秘密に迫る
霞ヶ浦が実践するフォーム習得のメソッドに迫る
昨夏甲子園に導いた鈴木寛人はプロ入りした先輩も実践した霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた

【関連記事】
石川昂弥は高水準キープ!森敬斗、田部隼人のDeNA遊撃コンビが躍動! 【ニュース - 高校野球関連】
井上、遠藤が二軍で開幕スタメン! 阪神の新人高卒野手による一軍昇格は…? 【ニュース - 高校野球関連】
第5回 昨年夏に初の全国優勝を成し遂げた履正社の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1回 全国制覇8度を誇る大阪桐蔭の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
東海大相模が関東大会進出 13安打12得点で相洋を下す
次の記事:
【秋田】昨夏Vの秋田中央が初戦突破!秋田独自大会が開幕
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る