菅野智之は5年で4度の開幕投手!主要タイトル5つ獲得!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.20

 コロナウィルスの感染拡大を受け、開幕延期が決まったプロ野球。開幕が待ち遠しい日々が続くが、せっかくなので開幕後によりプロ野球を楽しめるデータをお届けしたい。今回は過去5年間の開幕投手を調べ、それぞれの投手成績を比較してみた。まずは昨年セ・リーグ覇者の巨人から。

まさにエースと呼べる圧巻の成績



菅野智之(巨人)

 2015~2019年の5年間、巨人では菅野 智之とマイコラス(現・カージナルス)の2人が開幕戦の先発マウンドに上がった。彼らの主な投手成績は下記。



過去5年間の開幕投手のその年の成績

 「球界の盟主」たる巨人で開幕投手を務めるだけあり、やはりその年の成績も球界のエースと呼ぶにふさわしい数字が並んでいる。5年間で合計59勝は12球団トップの数字だ。また、二桁勝利4回も楽天と並んで12球団トップ。優勝を義務付けられている巨人が、毎年のように優勝争いに絡んでいるのも納得だ。

 期間中は2017年以外Aクラス入り、2019年にはセ・リーグ制覇を果たした。チームが勝利しても、先発投手に勝利がつくかは運の要素も多分にある。その中で自身に勝利がつくまで投げる、負けている状態でマウンドを降りないということが徹底できているのだ。

 勝利数以外の数字に目を移すと、投球回、奪三振数も群を抜いている。平均で178回、164奪三振は、12球団平均の144回、122奪三振を大幅に上回っている。2019年こそ菅野の不調で数字を落としたが、それでも136回1/3を投げて11勝、120奪三振、防御率3.89である。規定投球回こそクリアしていないが、十分な成績だろう。

 また、特筆すべきは菅野の完投数の多さだ。2017年以外の4年間で24回と、毎年のようにトップ級の完投数を誇っている。開幕投手を逃した2017年にも6完投と、その完投能力は目を見張るものがある。投手の分業制が進み、完投の必要性はそれほどではなくなった現代だが、その希少性の分評価は高くなる。負担がかかりがちのリリーフ投手陣に休養を与えるという意味でも、大きな貢献をしているのだ。

 開幕日は延期にこそなったが、今季も開幕投手を務めることが濃厚な菅野。昨季は不調に見舞われたが、復活を果たし、またあの圧倒的なピッチングを見せてくれることに期待したい。

(記事:林 龍也)

【関連記事】
歴代でも抜き出た元阪神・メッセンジャーの存在感 通算6度の開幕投手は外国人投手最多 【ニュース - 高校野球関連】
大卒が圧倒的!過去5年の開幕投手たちの出身カテゴリーランキング 【ニュース - 高校野球関連】
第229回 奥川恭伸の完成形は菅野智之か?ある課題を乗り越えれば、毎年沢村賞を狙える投手だ!【ドラフト特集コラム】
第96回 東海大学編「菅野智之によって切り開かれた縦縞の黄金期」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第96回 春夏合わせて4度の全国制覇!名選手が多数生まれた東海大相模(神奈川県)のつながり!【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第29回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【後編】(1990年代後半~2010年代後半)【高校野球ヒストリー】
第132回 球児期待のルーキーは誰?プロ1年目で注目選手は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第404回 読売ジャイアンツ 菅野 智之投手「心技体ではなく、体心技の考え方 」 【2016年インタビュー】
第173回 読売ジャイアンツ 菅野 智之 投手 【2014年インタビュー】
菅野 智之(東海大相模) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
甲子園歴史館臨時休館の延長と第92回センバツグッズの一般販売中止が決定
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る