コロナウィルスの感染拡大を受け、開幕延期が決まったプロ野球。開幕が待ち遠しい日々が続くが、せっかくなので開幕後によりプロ野球を楽しめるデータをお届けしたい。今回は過去5年間の開幕投手を調べ、それぞれの投手成績を比較してみた。まずは昨年セ・リーグ覇者の巨人から。

まさにエースと呼べる圧巻の成績


 2015~2019年の5年間、巨人では菅野 智之とマイコラス(現・カージナルス)の2人が開幕戦の先発マウンドに上がった。彼らの主な投手成績は下記。



過去5年間の開幕投手のその年の成績

 「球界の盟主」たる巨人で開幕投手を務めるだけあり、やはりその年の成績も球界のエースと呼ぶにふさわしい数字が並んでいる。5年間で合計59勝は12球団トップの数字だ。また、二桁勝利4回も楽天と並んで12球団トップ。優勝を義務付けられている巨人が、毎年のように優勝争いに絡んでいるのも納得だ。

 期間中は2017年以外Aクラス入り、2019年にはセ・リーグ制覇を果たした。チームが勝利しても、先発投手に勝利がつくかは運の要素も多分にある。その中で自身に勝利がつくまで投げる、負けている状態でマウンドを降りないということが徹底できているのだ。

 勝利数以外の数字に目を移すと、投球回、奪三振数も群を抜いている。平均で178回、164奪三振は、12球団平均の144回、122奪三振を大幅に上回っている。2019年こそ菅野の不調で数字を落としたが、それでも136回1/3を投げて11勝、120奪三振、防御率3.89である。規定投球回こそクリアしていないが、十分な成績だろう。

 また、特筆すべきは菅野の完投数の多さだ。2017年以外の4年間で24回と、毎年のようにトップ級の完投数を誇っている。開幕投手を逃した2017年にも6完投と、その完投能力は目を見張るものがある。投手の分業制が進み、完投の必要性はそれほどではなくなった現代だが、その希少性の分評価は高くなる。負担がかかりがちのリリーフ投手陣に休養を与えるという意味でも、大きな貢献をしているのだ。

 開幕日は延期にこそなったが、今季も開幕投手を務めることが濃厚な菅野。昨季は不調に見舞われたが、復活を果たし、またあの圧倒的なピッチングを見せてくれることに期待したい。

(記事:林 龍也)