2016年は大当たり?源田壮亮(大分商出身)、山本由伸(都城出身)など球界で活躍する選手が数多く指名!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.17

山本由伸のドラフト当日の様子

 15日でオープン戦で全球団終了し、選手たちの成績を振り返り各部門のタイトルホルダーを見ているとある共通点が見つかった。

首位打者:大山 悠輔つくば秀英出身)
打点王:佐野恵太(広陵出身)
防御率:種市 篤暉八戸工大一出身)
勝率:山岡 泰輔瀬戸内出身)

 この4人は全員2016年のドラフトでプロ世界に入ってきた選手たち。この世代の選手たちをさらに深堀すると、京田 陽太青森山田出身)に源田壮亮(大分商出身)と既に球界を代表する選手が同じ年のドラフトでプロへ入団。さらにチームの柱となっている大卒の濱口 遥大三養基出身)に柳 裕也横浜出身)、そして吉川 尚輝中京出身)もいる。

 また高卒からプロで育ってきた今井 達也作新学院出身)に山本 由伸都城出身)も同じ時期だ。そして社会人から来た糸原 健斗開星出身)、高梨 雄平川越東出身)もこの年だが、ブレーク間近の才木 浩人須磨翔風出身)や梅野 雄吾九産大九州出身)、藤嶋 健人東邦出身)。加えて古谷 優人江陵出身)に細川 成也明秀学園日立出身)、坂倉 将吾日大三出身)などもいる。

 2016年ドラフト勢は今年で4年目。それぞれ3年間で積み上げた来たものを発揮することができれば、プロ野球はもっと盛り上がることは間違いない。

(文=編集部)


関連記事
2016年のドラフト指名選手一覧
源田壮亮「自分の長所を知り伸ばし続けた守備の道」
山本由伸(オリックス)と同世代!全日本大学代表候補合宿に参加する大学3年生投手の顔ぶれがエグすぎる!!

コメントを投稿する

前の記事:
【茨城県秋季大会】霞ヶ浦、日立一などベスト8が出揃った!9月28日の結果
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る