伊藤翔が投げ、増田大が打つ...!巨人vs埼玉西武の二軍練習試合は徳島インディゴソックスデーに!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.17

左から平間隼人、岸潤一郎、増田大輝、伊藤翔

 3月15日、巨人と埼玉西武との二軍の練習試合で、独立リーグ野球関係者、ファンからすれば嬉しい光景が飛んだ。

 6回裏、埼玉西武のマウンドには徳島インディゴソックスのエースとして活躍していた伊藤翔(横芝敬愛出身)。そして打者は徳島インディゴソックス出身で昨年は75試合に出場した増田 大輝(小松島出身)。徳島インディゴソックスの先輩後輩同士の対決が実現したのである。そして増田の打球はライトフライに終わったが、その打球を捕球したのが徳島インディゴソックス出身の岸 潤一郎(明徳義塾出身)だった。

 さらに巨人は1番増田の後に、徳島インディゴソックス出身の平間 隼人鳴門渦潮出身)が出場。まさに徳島デーとなった。この4人はさらに独立リーグ日本一も経験している。増田は2014年、伊藤は2017年、岸、平間の2人は2019年と主力選手として活躍した。

 いずれは徳島インディゴソックス出身の選手が一軍で対戦することを期待したいところ。ここまで7年連続でドラフト指名が続いている徳島インディゴソックスはbcリーグを含めた独立リーグ全体でも育成力は群を抜いている。

 今年は元選手の谷田 成吾慶應義塾出身)氏が代表となり、球団の認知度向上、首脳陣は吉田篤史氏が新監督に就任し、実力向上に奔走している。果たして今年も8年連続NPBドラフト指名はなるのか、注目していきたい。


関連記事
本塁打量産中!健大高崎を初の決勝に導いた陰の立役者は盛岡大附属の元コーチ!
神宮大会で評価急上昇の大型左腕・下慎之介(健大高崎)!防御率0.90の快投を自信に来年は5キロアップ!
NOMO JAPAN出身の強肩捕手・戸丸秦吾(健大高崎)が全国の舞台で躍動!

【関連記事】
ドラフト候補の視察はまず独立リーグになるのか?6月中の開幕が理想 【ニュース - 高校野球関連】
四国アイランドリーグplus所属・徳島インディゴソックス 6月中の開幕目指しチーム再始動! 【ニュース - 高校野球関連】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第1059回 上間永遠投手(柳ヶ浦-徳島インディゴソックス) 最短で一軍の舞台に上がるために!独立屈指の若手投手が歩んできた野球道 【2019年インタビュー】
第58回 秋の四国で見つけたダイヤの原石 徳島インディゴソックスの「ドラフト候補クインテット」【四国発】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
センバツ中止から5日、市の休校解除で練習再開の明石商・狭間監督が取材対応!
次の記事:
OP戦個人成績から見る“活躍の前兆” 2019年は村上宗隆(九州学院出身)、近本光司(社出身)などが結果を残す
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る