背水の7年目を迎える楽天・内田靖人(常総学院出身) OP戦は打率3割越えで待望の覚醒なるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.16

常総学院時代の楽天・内田靖人

 プロ野球はオープン戦の全日程が終了した。
 7年目を迎える東北楽天ゴールデンイーグルスの内田 靖人(常総学院出身)は、14試合に出場して27打数9安打、打率.333、1本塁打とまずまず結果を残し、開幕1軍へアピール。競争が激しいチームの中で、必死に食らいついていった。

 高校時代は通算37本の本塁打を放つ強打の捕手として、大きな期待を背負って入団した内田。だが入団後はなかなか持ち味を発揮することが出来ずに、ポジションも内野手へコンバート。なかなか実力を発揮できないシーズンが続いた。

 それでも2018年には58試合に出場して12本塁打を放つなど、遂に大器が覚醒したかと思われた。だが、飛躍が期待された昨季は一軍では僅か2試合の出場に終わり、悔しいシーズンとなった。

 二軍戦では14本塁打を放つなど、長打力は健在なだけに1軍投手への対応力が活躍の鍵となる。その中で、打率が3割を超えたことは明るい材料だ。
 背水の7年目に覚醒することが出来るか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
【選手名鑑】楽天・内田靖人の常総学院時代の寸評は?
楽天・内田靖人が高校時代に語った「高校通算37本塁打の打撃のポイント」
楽天・内田靖人の出身校・常総学院出身のプロ野球選手は?

【関連記事】
2016年の高校BIG4 楽天の4年目・藤平尚真(横浜出身)は不振を脱し輝きを取り戻すか 【ニュース - 高校野球関連】
楽天・松井裕樹にかかる田中以来の生え抜き高卒投手の2ケタ勝利 【ニュース - 高校野球関連】
第1004回 名将・木内監督から影響を受けた選手との二人三脚の重要性。2年ぶり甲子園を狙う土浦日大の課題は?【後編】【野球部訪問】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs常総学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第99回 優勝候補・常総学院などが登場する大会2日目の見所・注目選手リスト【秋季関東大会】【大会展望・総括コラム】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第51回 ほぼ外れなし。プロで次々と活躍を見せる歴代のU-18代表の4番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
常総学院vs日立商【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
常総学院vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
東海大相模vs常総学院【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第186回 東北楽天ゴールデンイーグルス 則本 昂大投手 【2014年インタビュー】
第170回 シアトル・マリナーズ 岩隈 久志 投手 【2014年インタビュー】
第162回 常総学院高等学校 内田 靖人 選手 【2013年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
内田 靖人(常総学院) 【選手名鑑】
常総学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
緩急駆使して3併殺は成長の証 中日・小笠原慎之介(東海大相模出身)が6回2失点の好投
次の記事:
周東佑京(東農大二出身)のランニングホームランは驚愕のタイムを計測!その他の走塁タイムも紹介
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る