昨年は広島駅で後輩・小園にバッタリ 鷹のドラ1ルーキー・佐藤直樹(報徳学園出身)がOP戦で存在感を見せ続ける

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.15

ソフトバンクのドラフト1位ルーキー・佐藤直樹(報徳学園出身)

 ソフトバンクホークスのドラフト1位ルーキー・佐藤直樹(報徳学園出身)が、オープン戦でアピールを続けている。

 14日の広島とのオープン戦に「8番・センター」で先発出場すると、5回の第2打席でレフト前ヒットを放ち、さらに7回の第3打席でも2戦連続となるタイムリーツーベースを放った。オープン戦では初のマルチ安打を記録し、規定打席には達していないながら出場10試合で15打数6安打で打率を.400に乗せた。

 また50メートル走5.8秒の俊足も猛威を奮っている。
 この日も1盗塁を記録して、オープン戦では計4盗塁をここまで記録。持ち前の俊足強打をここまで遺憾なく発揮している。

 報徳学園を卒業後、JR西日本に入社し社会人野球で実力を磨いてきた佐藤。
 朝方はJR広島駅で勤務し、シーズン中には遠征に出る広島東洋カープの選手たちの姿を目にしていた。
 昨年には、報徳学園の2学年後輩である小園海斗にもバッタリと会い、久しぶりの再会。「僕とってもいい刺激になっています」と再会を喜んだ。

 ソフトバンクの外野手争いは熾烈を極めているが、その中で佐藤の存在感は日に日に増している。まずは開幕1軍を目指して、元気なプレーで堂々とした姿を示すつもりだ。

(記事=栗崎 祐太朗)

関連記事
社会人野球時代にホークス・佐藤直樹が語った理想像 俊足強肩を武器に目指すは「鈴木誠也」
強力・ホークス救援陣に新戦力!ドラフト3位・津森宥紀(和歌山東出身)が1年目からブレークするか?
ブレークのキッカケなるか?打てる捕手へ邁進続ける、名将・鍛治舎巧の教え子・九鬼隆平(秀岳館出身)

【関連記事】
昨秋明治神宮大会準優勝の関西大は超高校級捕手・有馬諒(近江)など8人が入部! 【ニュース - 高校野球関連】
前報徳学園監督の永田監督就任で注目を浴びる日大三島の3年間の戦績! 【ニュース - 高校野球関連】
第76回 生かす殺すも自分次第。福岡ソフトバンクが誇る神足・周東佑京(東農大二出身)を変えた大学4年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第5回 無理は禁物だが、連投できることもその投手の強みになる 槙原寛己氏【後編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1056回 俊足強肩を武器に目指すは「鈴木誠也」 佐藤 直樹(JR西日本) 【2019年インタビュー】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【沖縄】第41回沖縄県高校野球新人中央大会
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る