西純矢は1回1失点のプロデビュー、チームの先輩・6投手の現状は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.14

阪神タイガースの西純矢(写真は創志学園時代)

 阪神は昨年のドラフト会議で支配下で6人の選手を指名したが、そのうち5名は高校生だった。なかでも2位で指名された井上 広大履正社高校)は一軍のオープン戦で適時打を放つなど、大物ぶりをアピールしている。

 一方でドラフト1位の西 純矢創志学園高校)はどうだろうか。オープン戦での出番こそないものの、関西国際大学とのプロアマ交流戦でデビュー。四球の走者を適時二塁打で還され、1回1失点の内容だった。今後は二軍でトレーのングを続けながら一軍昇格の時を待つことになる。一方、ドラフト3位の及川 雅貴横浜高校)は対外試合への登板はない。

 2009年のドラフト以降における阪神の高卒投手の現状を見ると、2012年ドラフト1位の藤浪 晋太郎大阪桐蔭高校)が代表的な存在だ。入団から3年連続で2桁勝利を達成し、将来のエースとして大きな期待を背負っていた。しかし、ここ数年は制球難で苦しみ、昨シーズンはプロ入り以来初めて未勝利に終わってしまった。

 そんな藤浪は3月11日のヤクルト戦で4回無失点の内容。右打者に対する死球すれすれの抜け球が数球あり、制球難が改善されたとはいえないものの、数字だけ見ると先発ローテーションに入ってきてもおかしくはない状況だ。

 2009年ドラフト4位の秋山 拓巳西条高校)も復活を目指している。プロ入りからなかなか芽が出なかったものの、プロ入り8年目となる2017年にブレイクし12勝をマークした。昨シーズンは4勝に終わったが、3月13日のオープン戦に登板すると5回無失点の内容で大きなアピールを行なっている。

 2010年育成ドラフト2位の島本 浩也福知山成美高校)は、オフシーズンに手術を受けており復帰を目指している段階だ。

 2015年ドラフト4位の望月 惇志横浜創学館高校)は昨シーズンは8試合に登板し、そのうち先発は5試合だった。今年も先発ローテーション争いに入るかと思われたが、現時点では中継ぎ調整。今後はその他の投手との兼ね合いとなりそうだ。

 その他では2016年ドラフト3位の才木 浩人須磨翔風高校)と同4位の濱地 真澄福岡大大濠高校)が、一軍入りを狙っている。とくに浜地は昨シーズン、防御率こそ6点台と苦しんだが、21試合に登板しており2勝を挙げた。今年も中継ぎとして一軍入りを狙っている。

 2018年ドラフト5位の川原 陸創成館高校)は2年目の今年、一軍デビューの年になるか。

 西や及川はチームの先輩たちに追いつき、追い越すことができるだろうか。

(記事=勝田 聡)


関連記事
◆西選手のインタビューを読む⇒野茂直伝のフォークでアメリカ打線を圧倒した西純矢(創志学園)!スーパー野球選手を世界の舞台でも実践!
◆井上選手のインタビューを読む⇒井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】
交流戦で4回1失点の藤浪晋太郎(大阪桐蔭出身) 雌伏の時を経て、「虎の傑物」は復活なるか

【関連記事】
なぜ千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)は超一流になれたのか 恩師が語る鳥谷の高校時代 【ニュース - コラム】
第77回 千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)の恩師が語る。鳥谷が超一流へ到達できた理由【恩師が語るヒーローの高校時代】
西武はドラ1「以外」の高卒先発投手は苦しい? 最後の規定到達は1994年の工藤公康 【ニュース - 高校野球関連】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第74回 通算180本塁打のスラッガー・浅村栄斗(東北楽天)が大阪桐蔭に入学した意外なワケ【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1100回 伸び盛りの二刀流・仲三河優太(大阪桐蔭)が目指すは投打での大活躍! 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
秋山 拓巳(西条) 【選手名鑑】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
及川 雅貴(横浜) 【選手名鑑】
川原 陸(創成館) 【選手名鑑】
才木 浩人(須磨翔風) 【選手名鑑】
島本 浩也(福知山成美) 【選手名鑑】
西 純矢(創志学園) 【選手名鑑】
濱地 真澄(福岡大大濠) 【選手名鑑】
藤浪 晋太郎(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
望月 惇志(横浜創学館) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
西条 【高校別データ】
西条農・今治北大三島 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
須磨翔風 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
目指すは内海哲也。敦賀気比の2年生左腕・木下元秀が日大三戦で8回2失点の好投!!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る